2021年の振り返り:濃い、充実した1年。だけどレース結果は出ず🥺

あけましておめでとうございます。

「あっという間に1年が・・・」とお決まりのセリフを付け加えようかと思ったものの、2021年はめちゃめちゃ濃い一年だった。濃すぎて、2021年上半期の記憶がほとんどない。

2021年のトピックを時系列順に箇条書きすると、こんな感じ。

  • 鎖骨骨折から復帰
  • 会社が前の会社に吸収合併されて出戻り
  • レーシングカートレース復帰
  • 築30年の中古物件買って、セルフリノベ
f:id:haruki_mattari:20220101100653j:plain
自転車レースに
f:id:haruki_mattari:20220101100756j:plain
カートレースに
f:id:haruki_mattari:20220101100717j:plain
リノベ!

特に、カート復帰とリノベのインパクトがデカかった。

10年前に引退して、2度とカートに乗ることなんてないと思ってたし、乗りたくならないよう、ゴーカートすら乗らないようにしてたのに、まさか、どっぷりレースの世界に戻るとは・・・。

リノベも、”はるそめ、家を買う。”シリーズのブログを書きながら楽しんでやってたけど、まさか、自分が壁を壊して石膏ボードはってリノベするなんて、夢にも思ってなかった。ていうか、そもそも、持ち家を買うなんて夢にも思ってなかった。

この辺の影響もあって(言い訳w)、2021年の自転車レース活動は絶不調。全く結果が出なかった。カートも、10年ぶりに復帰していきなり上位なんてうまい話はなくて、こちらも結果が出せず。

2021年も、レースと家族と仕事の両立をテーマにやってきて、結果は出てないけど両立はしっかりできていた気がする。相変わらず全レース、家族で行くし、キャンプやらお出かけやら組み合わせて楽しめたし。あとは結果さえ出せれば最高なんだけど、、、。

f:id:haruki_mattari:20220101100731j:plain
2021年も”家族で楽しむ”は達成!

ってことで、2021年を振り返りつつ、2022年の目標を考える。(と思ったけど、長くなったので振り返りと目標に分ける!)

Contents

PMCで振り返る2021年

冒頭書いた通り、色々あった2021年。

f:id:haruki_mattari:20220101085646j:plain
2021年のPMC
(Googleスプレッドシートで自作!)

2020年の12月中旬に鎖骨を骨折し、手術。2021年は鎖骨骨折で自転車に乗れない状態からスタート。1月から3本ローラーでのZwiftから始め、2月から実走を再開。3月初旬にシクロクロスレースから復帰し、4月のJCRCでロードレースも復帰。

そこから徐々にCTLを積み上げて、レースリザルト的には、5月末の横須賀ロードレース、6月頭のJBCF群馬交流戦(DNFしたけど)あたりがベスト。やっぱり、CTL大事。(絶対値はもちろん、上昇トレンドかどうかも。)

7月にカートレース復帰しつつ、8月に2021年のCTLピークを記録。したものの、8月末に新居が引き渡しされ、セルフリノベがスタート。そして、ほとんど自転車のトレーニングができなくなった。

日々のセルフリノベで肉体的に疲労困憊になりつつ、毎朝4時に起きて仕事を終わらせないと行けなくて、精神的にも疲労困憊。それでもトレーニングしなきゃと朝練に行って、体がボロボロに。

ただ、幸いなことに(?)、8月以降ロードレースに出場することなくシクロクロスシーズンがスタート。完全にCTLが下降トレンドで、かつ、絶対値は鎖骨骨折復帰直後ぐらいまで下落。そんな状態で戦えるはずもなく、惨敗に次ぐ惨敗。

11月1日にとりあえず引っ越しが完了し、しばらくは残作業で忙しく、リノベが落ち着いたと思ったら今度は仕事が忙しくなり、なかなか再浮上できず、、、12月中旬からちょっと頑張って年末を迎える。

そんな感じの1年間。自転車レース的には散々だったけど、死ぬほど充実した1年ではあった。

f:id:haruki_mattari:20220101085631j:plain
PMCにイベントマッピング

ロードレースリザルトで振り返る2021年

続いて、レースリザルトの振り返り。2021年は入賞ゼロ🥺

以下、直近5年間のロードレースリザルトサマリ。

項目2021年2020年2019年2018年2017年
レース数11レース17レース15レース29レース38レース
優勝数0回(0%)0回(0%)1回(7%)0回(0%)1回(3%)
入賞数0回(0%)3回(18%)4回(27%)5回(17%)7回(18%)

※入賞数は優勝数を含む。

2012年から本格的にロードレースを始めたんだけど、一度も入賞できなかったのは2021年が初。クリートが外れたツールドエコパとか、スプリントが不発だったツールドひたちなかとか、惜しいレースはいくつかあったんだけど、我が家の賞状コレクションに新たな1枚を加えることはできなかった。

JBCFレースは、E2で4戦出場。そしてその全てDNFで全滅。群馬3連戦のうちの1戦目は完走目前で足攣り。2戦目は不発で3戦目はE1〜E3混走で120kmと長距離にしてはそこそこ耐えたもののDNF。

2021/4/18 JCRC#1群馬 ED 20位/59

鎖骨骨折からのロードレース復帰戦。とりあえず、久しぶりのレースってことでしっかり走り切ることを目標に走り、無事、第2集団で完走。

2021/4/25 JBCF東日本ロードレースDay2 E2 DNF/61

鎖骨骨折からの復帰JBCFレース。前週のJCRC群馬では先頭集団に残れなかったし完走は絶望的かな?と思いきや、意外と耐えて、12周目の心臓破りの坂までは集団。そのまま走れば完走できそうだったものの、同じく千切れた選手と無理にローテしてしまった結果、足攣って動けなくなってDNF。あの時無理せず走ってれば、せめて1戦ぐらいJBCF完走できたかもなのに・・・。と、今になってちょっと悔やまれる。

2021/5/5 ツールドエコパ 2時間ソロ(午前) 11位/29

入賞できそうでできなかったツールドエコパ。3名逃げが決まって、6人に絞り込まれた4位集団で終盤まで走ってたものの、クリートが外れて終了。やっちまった・・・。このレースを教訓に、クリートのネジは軽めのネジロックを塗ることにした。

2021/5/15 JBCF群馬CSCロードレース5月大会 E2 DNF/56

4月の群馬で意外と走れたから、そこそこイケるはず!と思いきや、序盤で千切れて残り2周を残して足切りDNF。意気消沈。

2021/5/23 ツールドひたちなか 2時間ソロ(午後) 7位/28

鎖骨骨折復帰後初の、ゴールスプリント参加。(といっても、3人逃げが決まって4位集団。)久しぶりのスプリントは不発で、入賞を逃した。残念。チームメイトのあっきーは優勝!

2021/5/30 横須賀ロードレース 男子B 13位/69

サバイバルな展開となった、横須賀ロードレース。ファイナルラップまで集団で生き残ったものの、ゴールスプリントには参加できず。とはいえ、キツめのレースで耐え切れて、復帰に向けた手応えを感じられたレースでもある。

2021/6/12 JBCF群馬CSCロードレース6月大会 E1+2+3 DNF/159

人生初の逆回りで走る群馬CSC。E1〜E3の混走っていう、なかなか雑なクラス分け。E2単体で完走できないのに、E1も含んだレースで20周とか耐え切れるはずない。と思いきや、意外と耐えて、15周目に千切れて、16周完了時に足切りDNF。4月の群馬もそうだったけど、事前の期待値が低いと意外と走れるパターン?

2021/6/19 草津ナイトレース番外編 C1 DNF

関西に引っ越したよっすぃーを誘って初参戦した、草津ナイトレース。カテゴリー選択をミスって、よっすぃーと共に即死。よっすぃーに申し訳ないことしたw

2021/7/4 宮ヶ瀬クリテリウム#1 ミディアム+エキスパート 17位/36

初参戦の宮ヶ瀬クリテリウム。クリテリウムと言いつつ、登りもあってキツいコース。なんとか完走。

2021/7/11 JBCF石川サイクルロードレース E2 DNF/68

前日の土曜日に鈴鹿サーキットで10年ぶりに1日カートに乗り、日付が変わった頃に帰宅し、そのまま乗り込んだ石川サイクルロードレース。1周目に千切れして即死。これは予想通りだったから特に落ち込むことなく。

2021/7/18 JCRC#2群馬 ED 17位/68

今シーズン最後のレースとなった、JCRC。まさか7月でロードレース納めになるとは思ってなかったんだけど、カートレース復帰の影響もあって日程合わず。レースは、ファイナルラップの心臓破りの坂で千切れてフィニッシュ。

レースNPで振り返る2021年

そんな11レースを、過去のデータと共にレースNPで比較してみる。

f:id:haruki_mattari:20220101085703j:plain
レースNP推移

レース数が少なくて(特に1時間以下)、N数が少ないものの、1時間以上のレースのレースNPに関しては昨年より悪くないように見える。ものの、やっぱり、2019年以前と比べると弱ってる。(2時間以上が悪くないように見えるけど、多分これは、レース時間の問題。2時間数分の、ギリギリ2時間超えたレースが多かった。)

まとめ:CTLはなんだかんだで正しい?

というわけで、自転車を中心に2021年を振り返ってみた。人生全体でみると、かなり濃ゆい、充実した1年間だったけど、自転車レース単体でみると、最低の1年だった。

「CTLだけを追い求めるのはナンセンス」とよく言われるし、言われるとその通りだなと思いはするんだけど、なんだかんだ、CTLは正義なんじゃないかと。過去のデータを眺めていても、ある程度CTLが高くて上昇トレンドの時は相対的に強いんだよね。絶不調な2021年も、その傾向がみられた。2022年はこの辺意識して、結果出せるように頑張ろうかと思う!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる