2022年のテーマとターゲット:家族で楽しむレース生活

先日、サクッと2021年の振り返りをした。

ってことで今度は、2022年の話を書こうかなと。

2022年は2021年に引き続き、レース活動は自転車とレーシングカートの2足の草鞋。ヘタに両立すると、どちらもポシャりそうではあるものの、そこは、カートレース最優先で、可能な範囲で自転車って感じになる予定。とはいえ、このまま自転車レースリザルトが低迷したまま終わるつもりもない。詰め込んで詰め込んで、両方結果出す!

Contents

2022年のテーマ

2022年のテーマは2つ。「家族で楽しむ」と「両立」。引き続き、家族でレースが楽しめるよう、レース遠征を旅行にしつつ、キャンプにしつつ、お出かけにしつつ、嫁氏と5歳児とレース活動を楽しむ。

そして両立も。両立するのは、レースと家族と仕事。レースのためとはいえ、毎週末朝から晩までライドに行ってたら家族を放置することになるし、週末はレース遠征やお出かけに使いたい。ってことで、基本は朝練と隙間時間のインドアトレーニングでなんとかする。(したい。)直近数年はこの方針でなんとかなりそうな雰囲気だったものの、鎖骨折ってリセットされたり、セルフリノベで時間が取れずにリセットされたり。2022年は何かしらイベントがあってもなんとかする強いメンタルが欲しい。

あと、仕事との両立も重要。レース活動する上で、レースに金を使っても不自由ない生活ができるのはレースに参加する前提条件。結婚してるなら。カートは金かかるから、まじで頑張らないと。詰め込むぞ〜!←

2022年のターゲットレース

ターゲットレースは下記の通り。

カート鈴鹿選手権シリーズ
SL全国大会(10月)
ロードレース全日本マスターズRR(6月?)
おきなわ市民100km(11月)
シクロクロスAJOCCシリーズ
全日本マスターズCX(12月?)

ただ、最優先はカートなので、全日本マスターズがカートレースウィークかその1週間前練習に被ったら出ない予定。

カートは、鈴鹿選手権で1勝した上でシリーズランキングTop3が目標。SL全国大会は、、、勝ちたい、、、!ロードレースは、全日本マスターズ、おきなわ、それぞれ高望みしすぎな気がしつつもシングルリザルトが目標。シクロクロスは、2022年こそC1昇格とマスターズ優勝してナショナルチャンピオンジャージゲットが目標。

さくせん

目標達成のための作戦としては、、、

  • 筋トレ!
  • 朝練・インドア主体
  • ボリューム重視→CTL(90前後狙い)

筋トレは、カートにも自転車にも役立つのでマストでやりつつ、冒頭書いた通り、練習は朝練主体で家族とトレーニングを両立させる。あとは、色々トレーニングメニュー考えるよりもCTLやろ!って結論になりつつあるから、あまり深く考えずにボリュームを稼いで、CTLを向上させることをメインに考えるつもり。

まとめ

という感じで、2022年は家族と楽しみつつ、両立させつつ、結果出すぞー!と。

“二兎を追う者は一兎をも得ず”ってことわざがあるけど、1度きりの人生、詰め込んでやれるだけやんないともったいないよね!頑張ろう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる