2021年 JCRC Rd1 群馬CSC EDクラス – 鎖骨骨折からのロードレース復帰戦

昨年12月の袖ヶ浦チャレンジで落車して鎖骨を骨折してから約4ヶ月。間に3戦ほどシクロクロスレースを挟みつつ、ついにロードレースの復帰戦!

復帰戦のステージは、まだ鎖骨くっついてない自分におあつらえ向きなJCRC群馬。(落車リスクが限りなく低いという意味で。)

JCRC群馬の前の週に開催された袖ヶ浦チャレンジに出て、「骨折った袖ヶ浦チャレンジを走りきって華麗なる復活!」なんて復帰の仕方も考えたものの、安全策でJCRC群馬に。

ちなみに、2時間のJCRC群馬EDクラスの過去のリザルトは下記の通り。

日付順位トップ差
2017/04/168位/69+28秒
2019/04/2111位/62+3分17秒
2019/07/2125位/43-2Lap

折れた鎖骨の影響はほとんど無いものの、フィジカルは相変わらず低迷。とりあえず、先頭に周回遅れにされなければOK。っていう、非常に低い目標で挑んだ復帰戦のレースレポートでございます。

Contents

JCRC Rd1.群馬 ED 20位/59

サマリデータ

日付 2021/04/18
クラス ED
優先度 B
順位 20位/59
トップとの差 -1lap
レース前CTL 62
レース前TSB -5
距離 6km×12Lap=72km
時間 2時間1分7秒

ラップデータ

Lap110分13秒
心臓破りの坂:1分6秒
Lap29分35秒
心臓破りの坂:1分1秒
Lap39分45秒
心臓破りの坂:1分3秒
Lap49分54秒
心臓破りの坂:1分9秒
Lap59分45秒
心臓破りの坂:1分10秒
Lap69分50秒
心臓破りの坂:1分12秒
Lap710分20秒
心臓破りの坂:1分19秒
Lap810分20秒
心臓破りの坂:1分19秒
Lap910分11秒
心臓破りの坂:1分20秒
Lap1010分24秒
心臓破りの坂:1分24秒
Lap1110分8秒
心臓破りの坂:1分18秒
Lap1210分23秒
心臓破りの坂:1分24秒

まさかの、Garmin忘れてパワーデータ無し。せっかく頑張って2時間走ったのに、データ無しってやるせない・・・。一応、Strava起動したiPhone背中に突っ込んでSegmentデータだけ取得。(Stravaって、Bluetoothでパワーメーターと接続できないのね。意外。)

結果としては、先頭から1Lap落ちの20位フィニッシュ。9番手集団のほぼ最後尾。1Lap落ちと言いつつも、実質3分差ぐらいで周回遅れにはならずに済んだのでヨシとしよう。もっと、序盤で千切れるんじゃ無いかと思ってたから、一旦は上出来ってことにする。

過去のレース記事

過去のレース記事に記載してあるラップタイムや心臓破りの坂のSegmentタイムと比べると、今回のレースが速かったわけでは無い(むしろ、スロー。)模様。意外と走れた!と思ったけど、実際はイマイチなんだろうな。

今日の機材

  • フレーム:CAAD12
  • ホイール&タイヤ:F6R + Vittoria Corsa G2.0
  • 空気圧:6.5bar

今年もこのコスパ仕様でレース参戦。やっぱり、Vittoria Corsaのグリップ感は素晴らしい!群馬のアールのキツい下コーナーでもヘアピンでも、それなりに余裕を持って曲がれたし、前走車のコーナリングがイマイチだと、アウトから普通に抜けるぐらい。Vittoria Corsa G2.0良いよ!おすすめ。

レース前

レーススタートは8時30分。ってことで、5時30分に家を出発し、関越道で群馬CSCへ。

新座料金所を超えたあたりで、今日一緒にEDクラスに出場する、チームメイトのあっきーの車を発見。そして程なくして見えなくなった。

「あ、きっとこれ、今日のレース展開や。」

なんて嫁氏が言う。「俺もそう思う。」と返事しつつ、7時40分、お久しぶりな群馬CSCに到着。

準備して、Garminを忘れてきた事に気づいてガッカリしつつ、とりあえずStrava起動したiPhoneをバックポケットに突っ込んでスタートラインへ。

レース

8時30分、レーススタート!そういや整列中もレース始まった後も、何回か「怪我大丈夫?」って声をかけてもらった。結構、みんな鎖骨のこと知ってて、こんな自分のことを気にかけてくれて嬉しい限り。ただ、1周目のリフト坂で声かけてもらった時は、まさかの1周目の1発目の登りから息上がって大した返しができなかったのが心残りw

今日のJCRCは珍しく、ヘアピン終わるまでローリング。そして、リアルスタート直後からアタック散発。心臓破りでもアタック発生でかなりきつい。2時間保つ気がしない。先行きが不安。今日のJCRCのペースが速いのか、単に自分が弱いだけなのか、、、。

引き続き2周目もアタック→吸収→すぐアタックの繰り返しで落ち着かない中、心臓破りでキツめのアタック。10名ぐらい抜け出して、自分はついていけず、集団が分裂。早くも脱落の危機。同じく遅れた4名で回して、ホームストレートでギリギリドッキング。危ない。

「今の動きでさぞ集団の人数が絞られたことだろう。。。」と思って振り返ると、たくさん。「あ、そんな感じか・・・。」

f:id:haruki_mattari:20210418201840j:plain
白米をオートミールに変えたおかげで体重がだいぶ減ってきたとは言え、お腹周りに何か見える・・・。あと、靴下は高級エアロソックス。

3週目以降も引き続きアタック散発でキツい展開だったけど、節約走行でなんとか集団内で耐える。久しぶりのロードレース、久しぶりの群馬だったけど、体が群馬で楽する方法を覚えてるw

f:id:haruki_mattari:20210418201844j:plain
5周完了のホームストレート。こうやって見ると、この時点で20名ちょいまで絞られてたのね。

そして6周目、リフト坂のアタックで4名が抜け出し、10秒近く先行。「もう、このまま4人勝ち逃げで落ち着いてくれ・・・。」と思いきや、心臓破りの坂で1名ペース上げて追走。そしてそれに反応できた人・できなかった人で集団が分断。もち、自分は”できなかった”人の方。

10名ぐらいが抜け出し、10名ぐらいが残った。そして、ここからだいぶ、ペースが楽に。自然と自分にもローテが回ってきつつ、とりあえずこの集団で最後まで耐え切ることを目標に。

そして、1人、また1人と前から選手が降ってくる。先頭のペースが良いのかな?アッキーも降ってきたw

そういえば、今日は群馬CSCの第2駐車場でジムカーナやってたっぽいんだけど、途中、リフト坂の頂上で片足ついてぼーっとジムカーナ眺めてる選手がいた。しかもコース内。流石に、「なんでそこで観てんねん!」って突っ込んでしもたわw

そんなこんなで第2集団で走り、12周目の心臓破りの坂で微妙に遅れ、そのまま集団ほぼ最後尾でフィニッシュ。20位。

レース後

レース出る前は、「数周で千切れてほぼ1人旅になったらどうしよう。」と不安だったけど、とりあえず、第2集団とはいえ(ほぼ)最後まで集団で走れたし、ヨシと
しましょう。きっと、レース出れば出るほど調子も上がっていくはず。

f:id:haruki_mattari:20210418201850j:plain
今日の4歳児。

帰り道、月夜野IC手前の「レストラン森林」でアッキー家とランチして帰宅。

次戦はJBCF群馬E2!今日の感じ、間違いなく千切れるだろうけど、今やれる全力で頑張ろう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる