2019年 JCRC第2戦 群馬CSC EDクラス:こんなもんかな〜、今は。

久し振りのロードレースでJCRC群馬のEDクラスに出場。翌週のJBCF群馬に向けて、程よく走れてて欲しいな・・・と。

Contents

JCRC第2戦 群馬CSC EDクラス 11位/62

項目 今回 前回 前々回 前々々回
日付 2019/4/21 2017/4/16 2016/4/17 2015/10/25
クラス ED ED ED ED
優先度 B
順位 11位/62 8位/69 10位/62 15位/62
トップ差 3分17秒 28秒 57秒 1分25秒
CTL 84 81 84
TSB -1 -8 -3
距離 13周(78km) 13周(78km) 16周(96km) 15周(90km)
時間 2時間8分 2時間7分 2時間38分 2時間37分
NP NP221w NP227w NP229w NP223w

※横スクロール可。

過去のレースと比べると、今日の結果はレースNP的にもトップ差的にも過去最低。とはいえ、今年のこれまでのダメさから考えると、まぁ、頑張れたかなと。

前回のレース記事

今日の機材

  • フレーム:BH G6
  • ホイール&タイヤ:FFWD F6R + Vittoria Corsa G+
  • その他:ナカガワエンドワッシャー

ナカガワエンドワッシャーを付けた状態での初ロードレース。効果をかなり実感。めちゃめちゃ下りコーナーで余裕が出る。1万円の投資効果あるわ。

レース前

前日から2歳児が不機嫌&微熱。朝起きた段階でも若干熱がありそうな感じだったので、今回は単独参戦に。ていうか、自分も一昨日あたりから咳が止まらないんだけど大丈夫だろうか・・・。

ってことで、サクッと関越道で群馬まで。レース1時間前に到着し、3本ローラーで軽くアップ。気温はちょい寒ぐらい。

レース:前半戦

Lap1 10分26秒 NP225w
心臓破りの坂:1分6秒 AP319w
Lap2 9分20秒 NP233w
心臓破りの坂:1分7秒 AP308w
Lap3 9分34秒 NP228w
心臓破りの坂:1分11秒 AP272w
Lap4 9分18秒 NP240w
心臓破りの坂:1分7秒 AP302w
Lap5 9分35秒 NP220w
心臓破りの坂:1分14秒 AP269w
Lap6 9分52秒 NP217w
心臓破りの坂:1分12秒 AP271w
Lap7 9分59秒 NP211w
心臓破りの坂:1分14秒 AP261w

ってことでスタート。

前半戦のテーマは「省エネ」。とにかく今年はフィジカルが弱いし、ちぎれたら練習にならないし。

リフト坂や心臓破りの坂はとにかく、踏みすぎないように気をつける。ローテ入るにしても、極力、登り返しに先頭で入らないように気をつける。そんな感じで。

そのおかげか、序盤の心臓破りの坂は、タイムの割に低めのパワーでクリアできてる。(これでも十分辛いんだけど。今年は本当に弱い。)

レースはちょいちょい逃げようとする動きが出て、落ち着かない感じ。で、5周目のリフト坂〜心臓破りの坂で5名程飛び出した。周りに選手がいて、この動きには乗れず。積極的に前走ってないから当然なんだけど。それに、乗ったとしても確実に落ちてただろうし。

6周目、数名が追いかけようとローテを回していたので、加わって踏んでみる。けど、ダメだ。追いつかない。集団も諦めムードになり、ほぼ5名の先頭集団が確定。

レース:後半戦

Lap8 10分9秒 NP210w
心臓破りの坂:1分15秒 AP272w
Lap9 10分13秒 NP227w
心臓破りの坂:1分15秒 AP267w
Lap10 9分52秒 NP220w
心臓破りの坂:1分14秒 AP253w
Lap11 9分49秒 NP203w
心臓破りの坂:1分17秒 AP245w
Lap12 10分4秒 NP212w
心臓破りの坂:1分26秒 AP227w
Lap13 10分4秒 NP221w
心臓破りの坂:1分14秒 AP267w

第2集団になって以降、集団は落ち着いた感じに。ここからは、極力前目&ローテ加わりつつ走る。今日はナカガワエンドワッシャーのおかげか、下りがかなり余裕あるので、コーナーがイマイチな選手は登り返しに影響が出るまでに楽にパスできる。ほんと、このワッシャー買ってよかった。

その後、レースが動いたのは10周目の心臓破りの坂。ペースが上がり、坂の頂上で3名抜け出した。自分も追いかけたけど届かず。(1分の繰り返し力がまだまだ足りないな。)

ただ、3名は見える位置で付かず離れずな感じ。数名でローテ回しつつ追いかける。

で、12周目で追いつき、第2集団は再びひとかたまりに。一応、先頭は5名なので6位集団。集団の頭を取れば入賞となる。

「このままゴールまでいかないかな〜。」って想いも虚しく、心臓破りの坂で再びペースアップ。4名が抜け出し、みるみる離れる。もう追いつくのは不可能だな。。。

入賞の望みも無くなったので、あとは、ラスト1周を消化するのみ。

心臓破りの坂手前。突然イナバさんが先頭に!まさかのイナバアタックか!?と期待するも、心臓破り入り口で終了。

とりあえず、ラストの心臓破りの坂だし、ほぼ全力で。先頭で通過。(あとで見返すと、タイムもパワーもイマイチだった。orz)

ゴール前に再び集団がひとかたまりになり、そのままスプリント。せっかくなので踏んで、集団2番手の11位でゴール。

とりあえず、第2集団にも残れず千切れなくて良かった。ただ、この調子だと、来週のJBCF群馬は通用しないだろうなぁ。。。

レース後

今日は単独参戦なので、月夜野インター手前の「珈琲倶楽部」でナポリタン食って、コーヒー飲みながらブログ書いて帰宅。

f:id:haruki_mattari:20190421132235j:image
ランチのナポリタン。まぁまぁ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる