JBCF西日本ロードクラシック Day2 E1 ずるむけDNF

1周目の下り、ブラインドコーナの先で発生した落車を避けられず落車。幸い、骨は逝かず、大量の擦過傷とムチウチ、打ち身で済みました。また、フレームやホイールも生きてそう。

自戒の意味も込めて、ブログに。。。

Contents

JBCF西日本ロードクラシックDay2 DNF

前日の熱中症疑惑もあって、朝はゆっくり目に起床。若干、吐き気が残るものの、会場へGO。レーススタートは7時半、会場到着は6時半。この時点でアウトやな。

サクッと用意してサインシートへ直行。アップは無し。が、すでに結構並んでる。

スタートは3列目で真ん中ちょい前ぐらい。下りに入るまでに上がろうと全力で踏む。いい感じの位置まで上がれたと思ったら、前数人が地味に絡んで失速。埋もれる。。。

下りは集団真ん中付近で。この辺りになると、安全マージンとるとどんどん選手が割り込んできて危険。なので前の選手との車間を詰めて頑張る。

で、三段坂手前付近、ブラインドコーナの先で落車した選手を避けられずDNF。

前日の体調不良とか色々あるけれど、1レースに対する気合の足りなさが招いた結果かなと。Day1同様、先頭に並んでいれば落車しなかったかもしれないし。

洗浄後。痛々しい・・・🥺

以下、その後の擦過傷治療経過をブログ記事にしてみた。

レース後は、そのまま船に乗ってウサギの島へ。

船!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる