2017年ダイバーシティ東京ビルクライム – 予選落ち

チームメイトの大内さんに誘われて、仕事帰りに出るかー。と、エントリー。結局、仕事休んだからこのレースのためにお台場まで。
レース前に朝練とお台場までの片道で既に100km。1分なら大丈夫か。と。

Contents

ダイバーシティ東京ビルクライム 男子 予選落ち

Time:57秒72
NP:434w
AveCad:79rpm

出力的に出しきれてない。踏めてないっていうより、コーナーがいけてなかったんだろう。ギアも重すぎた。特に後半はもっとケイデンス高くすべきだったかな。
来年は、、、多分出ない。7階まで最低でも1回登って2回くだらないといけないのがヤダ。しかも自転車押しながらビンディングシューズで。

レース前

会場までの40kmは荒川通って。疲れないように、LSDペースで。
1階からメイン会場の7階までは歩いてせっせとビルクライム。会場でレッドブルお姉さんからレッドブルもらえた。いえーい。

あと、ホイールはレーシングゼロをチョイス。瞬発力系ならレーシングゼロ一択かなと。

会場はこんな感じ。

試走

スタート地点まで歩いてダウンビル。

試走も本番と同じく、2人ずつクリートつけた状態からのスタートさせてもらえる。
で、試走してみて、どれだけスピード落とさずコーナリングできるかが重要な気がした。ヘアピンも、180度コーナーって言うより90度コーナーが2つ連続するような感じ。
タイムは1分フラットぐらい。後半手を抜いたのと、コース覚えたのとで、どれだけ本番で上げられるか。。。

試走後、大腿四頭筋が固まって動かなく。。。トイレまでの階段が辛いのなんの。

予選

整列順にスタートってことなので、早めに並んでスタートを待つ。大行列になるのが目に見えてたので。5番目スタートぐらいをゲット。
2走目の人がいきなり51秒台でびっくり。有名選手多いし、今年はレベル高いんだろうなぁ。。。

で、スタート。
スタート直後から先頭をゲット。このコース、詰まったら終わる。
極力速度落とさないようにアウトインアウトで走る。後半の連続ヘアピン区間では、ラインは良いけどギアが重すぎて、立ち上がりがイマイチ。失敗。
タイムは57秒とMCが言っているのが聞こえた。最低でも55秒台出さないと(実際には54秒台だった)決勝は無理だと思ってたので、予選敗退を確信する。

https://www.instagram.com/p/BZn5sNWnBmi/
東京ビルクライム、やっぱり予選落ち(´;Д;`)

決勝は一人ずつスタートで撮影してもらえるらしく、ちょっと羨ましかった。w

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる