はるそめロードバイク日記

妻子持ちフルタイムワーカーが嫁と一緒に子育てと自転車レースを頑張るブログ。

第1回 川越サイクルエンデューロ 120分ソロ。賞金3000円と引き換えに、かけがえのない腰を壊す。

初開催となる、川越サイクルエンデューロに行ってきました。

会場は、普段、北上練するときに通る入間大橋手前のモトクロスコースのオフロードヴィレッジ ウェストポイント。

 



コース。

 

120分ソロは、Top3に1万円〜3000円の賞金が出る。&嫁氏が帰省中で、練習替わりに出られるレースを探してたので、ノリでエントリー。

 

なんだけど、1週間前の野辺山CXから体調を崩し、まだ咳も残ってる状態でレース当日。行くのやめるか悩んだものの、せっかくだし行くことに。

 

川越サイクルエンデューロ 120分ソロ 3位/10

 

項目今回
クラス120分ソロ
順位3位/10
トップとの差-2lap
レース前CTL
レース前TSB
平均心拍数
最大心拍数

ギリギリ入賞して、賞金ゲット。3000円。ただ、エントリーフィーが4500円だから、1500円の赤字だ。←

あとは、120分モトクロスコースを走った代償として、両手のひらがズル剥け、左手のひらに血まめ、腰痛再発。

これからのシーズンのことを考えると、ほんとに、出るんじゃなかった。。。来週の中井が本番なのに、また1週間練習できないかも。。。

 

今日の機材

  • フレーム:Ridley X-Night
  • ホイール&タイヤ:WH-6800 + IRC Serac CX

 

レース前

レース1時間前に車で会場に到着。受付に行くと、計測チップの保証金5000円。そういやそんな記載あったな。。。そして、現金持ってない。って事で、身代わりに免許証を差し出す。チップ保証金だなんて、モータースポーツっぽいっちゃぽい。

で、ブリーフィング。なんと、今回、Cyclowiredの編集長とイソベさんが直々に取材に来てるとのこと。Webに載るっぽい。
でも、エントリー人数とエントリー費と賞金の感じ、そんな経費使ったら厳しくない?広告もバンバン出してたし。なんて、いらん心配しつつ、レースの準備。

 

レース

今回が第1回ってことで、過疎っててサクッと1万円ゲットできるんじゃないかとか、甘いこと考えてたんだけど、エントリーリストを見ると、Bounceのサカテさんいた。さらに、前日エントリーでお速い人がもう一人。

今の体調でどこまでやれるかわからないけど、頑張るぞー!と。

ってことで、スタート!ちなみに、スタートはモトクロスのスタート台から。

試走してないし、120分あるし、最初は様子見で。って思ったら、ソロの1位と2位に離され、単独3位に。っていうか、全力で走っても追いつかないどころか離される。

で、あとはゴールまでずーーーーっと3位のまま。(終盤、4位の人に抜かれたと思ったら、いつの間にか周回遅れになってたらしく。

開始20分で腰が痛くなり始め、60分で両手のひらにマメができて痛くなり始め、90分で腰が耐え難くなり、ラスト30分はただ走るだけ。そんな感じ。

ただ、せっかくなのでダート路面の走り方を練習しようと、序盤はいろんなライン走って練習して、そこそこコーナーは掴めてきた感じはする。

途中、Cyclowiredのイソベさんから、水溜り通っていい絵が欲しいリクエストがあり、水溜りへダイブ。意外と深くてドロドロになったのが今日のハイライトやな。(記事のアップが楽しみ。)

 



今日の戦利品。

 

まとめ。

レース自体はすごいいい感じで、腰さえ痛くならないならとても楽しめる。ただ、オフロードでのエンデューロは体に悪いから、練習と思って出るとむしろ逆効果って事を学んだ。(エントリーするときに気づけよ!だけど。(笑))

あとは、当然だけど、2週間野辺山以外ノーライドだと、ぜんぜん走れないな。そろそろ練習を再開しないと。腰また痛めたから厳しいかもだけど。。。

 

追記。Cyclowiredの記事がアップされてた。泥ばしゃーんは動画に入ってた。

www.cyclowired.jp

about me / プライバシーポリシー

Copyright © 2012-2017 はるそめロードバイク日記 All Rights Reserved.