PRIMEホイール RR-38 カーボンクリンチャーのインプレ。

先日届いたCRCのプライベートブランドなカーボンディープホイール PRIMEホイール RR-38のクリンチャーホイール。

味の素スタジアムでのエンデューロと、チーム練で登り込みの周回コースを走ったのでインプレしてみる。

ちなみに、元々はシクロクロスのチューブレス用として買ったので、年明けから春先まではシクロクロスユースになる予定。

Contents

PRIMEホイール RR-38のインプレを3行でまとめると、、、

  1. コスパ最高。
  2. F6Rやレーゼロに比べ、剛性は低めで脚に優しい。
  3. ワイドリム効果か、乗り心地も優しい。

そんな感じ。

1.コスパ最高

  • 38mmハイトのフルカーボンクリンチャー
  • 流行りのワイドリム
  • 重量は約1,500g
  • チューブレス対応
  • それでいて、たったの65,000円!

という事で、良く機材が壊れるシクロクロスでも心置きなく使える。予備のスポークも付いてるので、ある程度は修理できる。最悪、この値段なら買い直せば良いし。

2.剛性は低め

人によってはマイナスポイントかもしれないけれど、自分にとっては求めていた柔らかさ!

BH G6が結構硬い上に、持ってるホイールはF6Rとレーゼロで、硬いホイールばかり。

F6Rとレーゼロに比べて柔らかいホイールを求めていたところにこのプライムホイール!練習で使う限りは体に優しくて好きです。

ただ、当然だけど、立ち上がりの反応は良くない感じ。味スタのエンデューロで使ってみたけど、味スタみたいなコースには不向きかなー。やっぱり。

登りが悪くなければ、沖縄やエンデューロに使えるかなと。短めな実業団レースはF6Rかな。

3.乗り心地が良い

ワイドリム効果か、ピレリタイヤの効果か、乗り心地が良い。段差の突き上げが優しめ。

使い道。

味スタエンデューロと練習で使ってみて、夏場のロードでの使い道は、、、

  • レースバイクの練習用ホイール。やっぱりクリンチャーは使い勝手が良いし。
  • 立ち上がりインターバルの少ないエンデューロ
  • 3時間以上のロードレース

かな?3時間以上のロードレースについては、BORAあたりを買うのが良いんだろうけど、、、高い。

そういや年末、東京から大阪の実家までプライムホイール履いて帰るから、長距離ライド時のインプレできそうや。

〜以下、東京大阪ライドを経て、2018/1/3に追記。〜

昨年末、東京大阪ライドでPRIMEホイールを使ったので追記。1日あたり260km走り、ドライとウェットの峠ダウンヒルを経験したので。

やっぱり、脚にやさしい。

両日共に、バックパック背負ってたこともあって、腰や首が結構痛くなったけど、脚は問題無し。ロングライド強度だったとはいえ、レーゼロやF6Rを使っていたらもっと消耗していただろうなと。

下りの安定感はイマイチ。

剛性が低めだからか、下りの安定感はイマイチだった。狙ったラインからちょっとアウトにはらんでしまう感じ。

レーゼロやF6Rに対して、ここは明確に劣っていると感じた。

雨のブレーキ性能は悪くない。

不運なことに、2日目は時折雨が。暗くなった後の163号線でアップダウンが連続する中の雨。

PRIMEホイールのウェットブレーキテストができてしまった。

この日、ブレーキシューはSwissstopのBXPを使用。本当はアルミリム用だけど、ちょっと使ってみようかなと。

肝心のウェット下りの制動力はなかなか。普通にレースで耐え得るレベルかなと。通常のアルミリム+BXPには劣るけど。

次は、Black Princeでも試したみたい。

2018/1/3時点での総評

約2週間、レースやロングライド、練習で使い倒してみて、このホイールは本当にコスパが良いな。と。

買って良かった。大満足です。あとは、ヒルクライムのタイム計ってどうかな?ってところ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる