はるそめロードバイク日記

妻子持ちフルタイムワーカーが嫁と一緒に子育てと自転車レースを頑張るロードバイクのブログ。

【MERIDA Scultura 10k-e納車!】ディスクブレーキモデルじゃなくてリムブレーキモデルを選択した理由とか

 

「次の新車はディスクブレーキモデルにする!」

 

と数年前から言い続けてたものの、先日、MERIDAのハイエンドカーボンロードバイクである、Scultura 10k-e(リムブレーキモデル)を購入した!

 


f:id:haruki_mattari:20210513145533j:plain
Merida Scultura 10k-e 2020年モデル

 

ってことで、Newバイクの自慢(!?)と、このディスクブレーキモデル全盛時代に、あえて消えゆく運命のリムブレーキモデルを選んだ理由をブログ記事にしようかと。(※あくまで僕個人の主観ですのであしからず!)

 

あと、データが貯まったら別途、「ハイエンドカーボンロードバイク vs アルミロードバイク」って内容の記事も書こうかなと。ちょうど、CAAD12でJBCF群馬に出場した1ヶ月後に、同じ距離のJBCF群馬にSculturaで出場することになるので。乞うご期待!

 

 

MERIDA Scultura 10k-e リム 2020年モデル

MERIDAには、セミエアロモデルのSculturaと、エアロモデルのReactoがあって、今回買ったのはセミエアロモデルなSculturaのハイエンドグレードな10k-e。ブレーキタイプはリム。

 

この自転車、定価で買うとお値段なんと、、、132万円!

 

落車1発で廃車になるかもしれない消耗品なのに、100万円オーバーなんて正気の沙汰じゃ無いよね。(と言いながら買ったわけだけど。)

 

スペック的には下記の通り。

 

  • フレーム:SCULTURA CF4
  • コンポ:R9100系デュラエースDi2
  • ホイール:DT Swiss PRC1400 Spline 35
  • タイヤ:Continental GP5000
  • ハンドル:MERIDA Team SL
  • ステム:MERIDA Expert CC
  • サドル:Prologo NAGO C3
  • シートポスト:MERIDA Team SL
  • 完成車重量(ペダル無し):6.4kg

 

上記から、下記手を加えて、重量6,980gに仕上がった。

 

  • タイヤをTL化。GP5000 → IRC Formura PRO 28c
  • ハンドルをエアロ化。MERIDA Team SL → PRIME Primavela
  • ステムの長さを110mmに変更。MERIDA Expert CC → PRIME Primavela(ハンドルとステムはメーカーとモデル揃えたい派。)
  • サドルを変更。Prologo NAGO C3 → Prologo Scratch M5 PAS Tirox
  • パワーメーター装着。→左クランクだけR8000+4iiii
  • インナーリング変更。R9100 36t → SUGINO Super Hill Climb 33t
  • サイコンマウント装着。 → Recmount
  • サイコン装着。→ GARMIN EDGE 520J
  • ペダル装着。→ Speedplay Zero
  • ボトルケージ装着。→ 付属のカーボンボトルケージ + Supacaz FLY CAGE ANO
  • ナカガワエンドワッシャーを前後に装着。
  • TNIのゼッケンプレートを装着。

 

上記から、左クランクをR9100にすれば-20g(注文中)、サドルをカーボンレールのNackモデルにすれば-58g、タイヤをGP5000TLにすれば-40g。ここまでやると、6,862gでちょうど良い感じになる!

ちなみに、元々持ってるF6R+Corsa G2.0に変更するとさらに-81gで6.7kg台に!

 

というわけで、スペック的にはとても気に入ってる。

 



f:id:haruki_mattari:20210513145644j:plain
f:id:haruki_mattari:20210513145640j:plain
ハンドル周り。Primeのハンドルとステム、コスパ良くて好き。

 


f:id:haruki_mattari:20210513145648j:plain
インナーは魔法のチェーンリング。

 


f:id:haruki_mattari:20210513145859j:plain
TNIのゼッケンプレートはJBCF純正より軽くてコンパクトで好き。

 



f:id:haruki_mattari:20210513145703j:plain
f:id:haruki_mattari:20210513145707j:plain
我慢できずにファイヤーパターンステッカー貼ってしもた。確実に嫁氏にdisられる。

 

軽く乗ってみた感じ

購入後、まだレースでは使ってないんだけど、普段の朝練や勝手にグランフォンド練で何回か使用した。

正直、CAAD12との違いをあまり感じない(!?)んだけど、とりあえず、ダウンヒルはとても乗りやすい。アルミからカーボンになったことで、登りが速くなったのか?とか、脚が長持ちするようになったのか?とかは、今度のJBCF群馬で使ってみて判断かなぁと。今のところ、特に何も感じないけど←

 

ディスクブレーキモデル全盛時代にリムブレーキモデルを選んだ理由

 

安かったから!(爆)

 

当初、2021年のディスクブレーキモデルの2ndグレードである、Scultura 8000eあたりにしようかな?と思ってたんだけど、それと同じぐらいの価格でScultura 10k-e買えるよ。と。

1年型落ちでリムブレーキモデルとはいえ、コンポは現時点で最上位&最新のR9100デュラエースDi2がついてるし、ホイールはDT-SwissのPRC1400 Spline 35が付いてるし、完成車重量は6.4kgと非常に軽い。

対して、Scultura 8000eはディスクブレーキモデルだけど、コンポはR8000アルテグラDi2でホイールはReynols AR41で完成車重量7.3kg。

 

ディスクブレーキによる制動力と、スルーアクスルによる剛性upのために、900gの重量増と既存資産(主にFFWD F6R TU)を切り捨てるか、UCIルールギリギリな6.8kgの自転車を作りつつ、35mmハイトと60mmハイトのカーボンホイールを使い分けられる環境を得るために、ディスクブレーキの制動力とスルーアクスルの剛性UPを諦めるかの選択。

 

で、リムブレーキモデルで1年型落ちのハイエンドを選択した。

 

そもそも、今のリムブレーキの制動力に不満なんてないし、スルーアクスルの剛性アップはナガガワエンドワッシャーと、DT-SWISSのRWSか六角タイプのスキュワーである程度カバーできるでしょう。と。

 

 

あと、、、

 

「ていうか、UCIプロチームもまだリムブレーキモデル使ってんじゃん!」

 

てのも大きい。

 

この記事を書いている現在、絶賛ジロ・デ・イタリアが開催中。2日前の第4ステージは雨だったんだけど、、、あえてリムブレーキモデルを選択したUAEチームエミレーツのドンブロウスキーが優勝。
また、チームINEOSは相変わらずシーズン通してリムモデルをチョイス。

 



2021年ジロデイタリア第4ステージのコースプロフィール。UAEチームエミレーツはリムとディスク、どちらも選べるらしいけど、なんでこのコースで雨でリムをチョイスしたんだろ?雨のこのコースでディスク不要なら、いつ使うんだ??と。

 

「だからディスクブレーキモデルなんて不要だ!」と言うつもりは無いんだけど、あえてリムを選ぶ際の後押しにはなると思う。少なくとも、「ディスクブレーキモデルはリムより断然速い。」とは言えないのでは無いかと。だって、ディスクの方が速いなら全チームディスクモデル選ぶでしょ?メーカーが売りたいのはディスクブレーキモデルな訳だし。

 

というわけで、新たな相棒と頑張ります!

ひとまず、来年のワールドマスターズをターゲットに、Sculturaと一緒にトレーニングからレースまで楽しむぞ〜!と。

 


f:id:haruki_mattari:20210513145721j:plain
ちなみに、Vigorelli Roadは引き続きレギュラー。クリテや平坦系エンデューロではVigorelli Roadで参戦予定。Sculturaとツートップ。

about me / プライバシーポリシー

Copyright © 2012-2017 はるそめロードバイク日記 All Rights Reserved.