鈴鹿選手権シリーズ第5戦 Super SSクラス:9年ぶりのカートレース復帰戦

Twitterやブログ記事の中でもちょいちょい書いてたんだけど、先週末、鈴鹿サーキットで9年ぶりにカートレース復帰した

軽くレース記事的なもの書いてみようかなーってことで、今回は自転車ではなくレーシングカートのレース記事でございます。

Contents

鈴鹿選手権シリーズ カートレースin鈴鹿

参加したのは、鈴鹿サーキット南コースで開催された、鈴鹿選手権シリーズ カートレースIN鈴鹿の第5戦、SuperSSクラス。YAMAHAエンジンのワンメイクで開催されるSSクラスの30歳以上が参戦できるマスターズ的なカテゴリ。

2010年はSuperじゃない普通のSSクラスでシリーズランキング3位。この頃はまだ大学生で20代前半。大学行きながら毎月、200時間ぐらい働いていたあの頃。(しかも、学費抑えるために4年連続特待生!すごくね??←)今ではSuperSSに参戦可能な30代前半のおじさん。久しぶりに会う人みんなおじさんになっててびっくりしたw

レース方式は、5分間のタイムトライアルで予選ヒートのグリッドを決め、12周の予選ヒートで決勝ヒートのグリッドを決め、16周の決勝ヒートで順位を競う。

鈴鹿サーキット南コース。南コースの存在を知ってる人はなかなかマニアック。

毎年、お盆休みのレースが一番エントリー台数が多くて、自分が出場するクラスには40名がエントリー。鈴鹿サーキット南コースのグリッドは34台分しかなくて、35台を超えるエントリーがあった場合はタイムトライアルと予選が2グループに分割され、各グループ予選15位以降は6周のセカンドチャンスヒートを走ることになる。ここで7位以下になると、予選落ちで脱落。厳しい🥺

タイムトライアル:グループ5位

そんなレースに、9年のブランクを経て参戦。

レース1ヶ月前に久しぶりに1日カートに乗って、あまりの劣化具合と体(特に目)の衰えに不安で吐きそうになりつつ、レース1週間前の土日練習でみっちり走って少し感覚が戻ってきた気がしつつ、レースウィークの金曜と土曜にウェットコンディションで走って手応えを感じつつ、迎えた日曜日のレースデイ。

お盆なのに珍しく、全国的に雨。ニュースでは九州で災害レベルの雨が降ってやばいって報道されてたり、同日開催の袖ヶ浦のサイクルジャンボリーや土曜日開催のJBCFきらら浜TTが中止になる中、鈴鹿は午前中雨、午後晴れの予報。

そして予報通り、午前中は雨で、タイムトライアルはウェットコンディション。

朝から吐きそうなぐらい緊張しつつ、タイムトライアルへ。カートのセッティングはばっちり。だったものの、衰えたレース感でタイムの出し方をミス。前に引っかからないぐらい間を開けてアタックしたつもりが、一番美味しいところで追いついて詰まってタイムを出せず。

「あわよくばスリップ使おう」だなんて欲を描いたのがあかんかった。「これは10番ぐらいか〜。。。」と思いきや、意外と5番手タイムだったようで最小限の被害でタイムトライアルは終了。

きっちりアタックできていれば、2番手か3番手タイム出せたかもな〜って感じだったから、悪くない手応え。

f:id:haruki_mattari:20210816161654j:plain
ウェット!

予選ヒート:出走できず

タイムトライアル終了後から雨足が弱まり、各クラスのタイムトライアルが終了する頃には雨が止み、自分のグループ出走前には日が出てきて路面が乾いてきた!

ただでさえ緊張してて何もしたくない()レース前に、ドライの用意と工具を持ってソワソワ。

結局、まだレインタイヤの方が速そうな路面だったのでレインタイヤのまま予選ヒート。押しがけして、シート裏につけた押しがけ用のアクセルレバーを握るもまさかの無反応。再チャレンジするも無反応。そのうち押しがけサポートが入れないエリアまで来て、1人で押しがけを試みるも無反応。そして気づく、押しがけようアクセルレバーのワイヤーをとめてるイモネジが緩んでる事に。

再度、押しがけチャレンジしてアクセルワイヤーを直接握って引っ張ってみるも、結局かからず、、、無念の予選ヒートリタイヤ。セカンドチャンスヒート行き決定。なんでよりによってレースの日に??先週から10回以上押しがけしてなんの問題もなかったのに!悔しくて悔しくて、地面殴って泣いた。

f:id:haruki_mattari:20210816161702j:plain
右手で握ってるレバーがアクセルなんだけど、ワイヤースベってる。さっさと気付ければ、違った結果になってたんだろうか・・・。
f:id:haruki_mattari:20210816161710j:plain
エンジンかからない。

観戦してた嫁氏も5歳児も泣いたって🥺

f:id:haruki_mattari:20210816161715j:plain
悲しい🥺

セカンドチャンスヒート:3位

まさかセカンドチャンスヒートを走る事になるとは・・・。ゆっくり昼飯食いながら決勝を待つはずだったのに・・・!予選通過はマスト。ここまで来て、予選落ちして帰宅なんてありえない。

セカンドチャンスヒートのスタートグリッドは、9番手。6位までが予選通過だから、3台抜けば突破。

スタートで6位以上に上がって、あとは落ち着いてレースして通過する。そんなプラン。ドキドキの押しがけは、、、なかなかかからずヒヤッとしたけど、かかった。スタート前に自分のグリッドにも戻れて、久しぶりのレーススタート。

1コーナー、バックストレート、3コーナーと抜けて、まさかの9位。やばい。ていうか、レース勘鈍りすぎ。今思うと、なんでそこやねん。って思う位置取り多数。

とにかく、当たったら終わりだから落ち着いて、1台ずつ、比較的速さのある最終コーナーでパス。3周目に5番手まで浮上して、5周目に3位と4位の真後ろまで。そのまま無理せず5番手フィニッシュ。その後、1位と2位がペナルティで後退したらしく、3位通過。決勝は31番手スタート。

とりあえず一安心・・・。

f:id:haruki_mattari:20210816161727j:plain
6番手、予選通過ギリギリライン走行中🤔

決勝ヒート:25位

そして迎えた決勝ヒート。TOP10目標!なんて言いつつスタートするも甘くなくて、結果は25位。

f:id:haruki_mattari:20210816161735j:plain
緊張のレース前。

完全に乗り手の問題。レースの仕方はイマイチだし、決勝の路面の走り方もイマイチだし、、、。課題が山積み。だけど、久しぶりのカートレースは楽しかった!こんな結果で楽しかったなんて言っちゃいけない気がしつつも、やっぱりレースは楽しい。

f:id:haruki_mattari:20210816161740j:plain
スタート!34台フルグリッドはなかなかの迫力。
f:id:haruki_mattari:20210816161808j:plain
久しぶりのレースは熱い。

次戦は9月末。このままじゃ終われない。次は絶対結果出す!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる