2021-2022 茨城シクロクロス第5戦 土浦ステージ C2:23位

昨日は茨城シクロクロス第5戦、土浦ステージに参戦してきた。いよいよ今シーズンのシクロクロスレースも最終戦!
レース前日の夜から、レース当日の朝まで雨が降り、レース時間中は晴れっていう、絶好のシクロクロス日和の中、湖のほとりで泥遊び。

40分の泥遊びで全身バキバキな中書く、レース記事でございます。

Contents

今日のリザルト

日付2022年2月20日
クラスC2
優先度A
順位23位/55
トップとの差-1Lap
レース前CTL67
レース前TSB-8
Lap Place Lap Time Lap Time Place
1 37位 8分2秒 33位
2 33位 7分40秒 25位
3 27位 7分39秒 18位
4 22位 7分44秒 21位
5 23位 7分50秒 21位

今日の機材

  • フレーム:Ridley X-Night
  • タイヤ:Challenge Baby Limus
  • 空気圧:1.6bar

過去のレース記事

りんりんポートでのレースは今回で2戦目。前回は絶賛鎖骨骨折中。前回も雨で泥。

レース前

C2のレースは午後ってことで、のんびり会場へ。

f:id:haruki_mattari:20220221073323j:plain
到着!

車内でTwitterのタイムラインを確認すると、ヤバそうな泥の写真が大量。ていうか、会場から戻ってくる自転車みんな、恐ろしい程の泥まみれ。恐怖w

とりあえず、コースの様子を見に行くと、、、

f:id:haruki_mattari:20220221073342j:plain
仕上がってるねぇ〜!

リムブレーキ勢には試練の1日となりそう。

f:id:haruki_mattari:20220221073349j:plain
ってことで、気休めにヤマハのマッドプルーフ。正直、効果を実感したことは、無い←

タイヤはもちろん、Baby Limusを選択し、正直、試走しないほうが良い(泥詰まるし)気がしつつ1周だけ試走。ホームストレートの舗装路以外、全部泥でビビった。これ、最後まで走り切れるのか、、、?最後まで持つのか、俺のリアディレイラーとブレーキクリアランス。

試走からそのまま、招集エリアへ。水たまり走ってで洗車しつつ。

レース:C2

今回、ゼッケンNoは55。15番目のコールアップで2列目をゲット。

CJとは2分、CM1とは1分の時間差でC2のレースがスタート!

そして、クリートキャッチ失敗。ツルッとペダル踏み外した・・・orz

f:id:haruki_mattari:20220221073402j:plain
一気に埋もれた。
Photo by @yuki_asato

舗装路から泥区間に突入。たまたま選択した、右側のラインがトラクションかかったみたいで、一気に5人ぐらいパスして少しずつ順位を戻す。

f:id:haruki_mattari:20220221073410j:plain
こっちのラインが良きだった。
Photo by @yuki_asato

どこもかしこも、泥が耕され、ディレイラーもぐ気満々なねっとり具合。仕上がってるねぇ〜!ずーっとトルクかけて踏み続けないといけないから、足に来る。1周目からふくらはぎに脚つりの兆候が出始めて焦る。

f:id:haruki_mattari:20220221073419j:plain
ねっとり
Photo by @yuki_asato

序盤埋もれ、レースも泥で混戦。一体自分がどの辺走ってるのかわからない。後からLapチャート見ると、1周目は37位まで埋もれていた模様。スタートで埋もれてから、ある程度盛り返した気がするから、クリートキャッチミスでほぼほぼ最後尾付近まで落ちた感じ??

f:id:haruki_mattari:20220221073438j:plain
今日、なんかメットがキノコ。
Photo by @yuki_asato

5歳児は定位置のシケイン前で観戦。誰の教育の賜物なのか、煽りが上手くなってきてる。

5歳児に本気出せと煽られる33歳児。#茨城シクロクロス pic.twitter.com/JmRqBMptyH

— はるそめ。 (@harusome_f5) 2022年2月20日

すかさず嫁氏がフォローしてくれたらしい。「違うよ、お父さん、あれで本気なんだよ。」って🥺来シーズン本気出す🥺

f:id:haruki_mattari:20220221073507j:plain
その後、りんりんポートの階段で焼き芋食べながら観戦。

「お父さんたちはどろんこになって頑張って走ってるのに、僕たちはここで美味しい焼き芋食べられて、幸せだねぇ。」

と、幸せを感じていたらしい5歳児。5歳にして幸せとは何か、悟りを開いてる。

f:id:haruki_mattari:20220221073548j:plain
Photo by @yuki_asato

途中、泥の走り方が少し掴めた気がしたような気がした。

前の人が通った轍をトレースすると、若干、負荷が軽減される?コーナーは、思い切ってフロントタイヤを轍に引っ掛けつつリアをスライドさせると上手く曲がれる?

とかとか考えながら走ると、いつもは「早く終われ!」と思うのに、「もっと試したい」って思える。コースと戦うのもシクロクロスの醍醐味よね。

f:id:haruki_mattari:20220221073556j:plain
Photo by @yuki_asato

終盤、ディレイラーがいよいよ怪しくなってきた。ガチャガチャ勝手にシフトチェンジする。泥でリアエンド曲がったか・・・。

f:id:haruki_mattari:20220221073604j:plain
そしてゴール。CM1のトップが真後ろまで迫ってた
Photo by @yuki_asato

周回数は6周だったんだけど、途中、異次元の速度でCJのトップに周回遅れにされ、5周で終了。

f:id:haruki_mattari:20220221073621j:plain
今日の成果物

5歳児と記念撮影して、今シーズンのシクロクロスが無事、終了!

レース後

レース後、キッズコースで5歳児と自転車遊び。子供が走れる場所があるの、ほんとに助かる。(設営の皆様、素敵なコースありがとうございます!!)

f:id:haruki_mattari:20220221073658j:plain
キッズコースのわりに、難度高めw

汚い自転車を洗車エリアでサクッと洗い、雑に積み込み、もちろんばんどう太郎でランチして帰宅!

f:id:haruki_mattari:20220221073701j:plain
汚い自転車は雑にルーフキャリアに積載。意外と良いかも!この積み方。

というわけで、シクロクロスシーズンはこれにて終了。

ロードとカートのシーズンが始まる!熱い夏が待ってるぜ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる