はるそめロードバイク日記

妻子持ちフルタイムワーカーが嫁と一緒に子育てと自転車レースを頑張るロードバイクのブログ。

2019-2020 稲城クロス オープン。最後はブロガー対決。

昨日は稲城クロスへ。

C2以上のカテゴリーレースは開催されないし、出るかどうか迷ってたんだけど、チームメイトなアッキーがC4に出るってことで。何気に今回で4回目の参戦。

 

稲城クロス オープン 28位/58(48%)

 

項目今回前回
日時2020/2/102019/9/29
クラスオープンオープン
優先度C
順位28位/58(48%)9位/30(30%)
トップとの差2分39秒N/A
レース前CTL7064
レース前TSB+7+9

 

LapPlaceLap TimeLap Time Place
130位4分56秒30位
230位4分30秒28位
328位4分29秒23位
426位4分30秒29位
526位4分24秒16位
627位4分30秒24位
728位4分28秒21位

 

ゼッケン55番で最後列スタート。レース前はもっと行けるかと思ってたんだけど、あまりのコーナーの遅さに対して順位を上げられず、最後の最後に筋肉ブロガーに差されて終了。楽しかったから良いけど、内容はイマイチ。

 

前回のレース記事

前回はホールショットを取ったらしい。


 

今日の機材

  • フレーム:Ridley X-Night
  • ホイール&タイヤ(F):F6R + Baby Limus 1.75bar
  • ホイール&タイヤ(R):F6R + Chicane 1.75bar

 

今日のレース動画


2020/2/11 稲城クロス オープンクラス オンボード動画

 

レース前

稲城クロスの会場で、先週金曜日から旅行に行った嫁氏と合流予定。ってことで、3歳児と2人で朝マック食べながら会場へ。

いつでも入出庫可能な有料駐車場待ち行列を横目に公式無料駐車スペースへ。こっちは余裕で空いてて助かった。そして、旅行帰りの嫁氏と合流。

父子生活中、「お母さんに会いたい!」なんて一言も言わなかった3歳児だけど、久しぶりの母に甘えててほっこり。してたのもつかの間、10分ぐらいでストライダー乗りたいと騒ぎだす。もうちょっと甘えてやれよと思いつつ陣地設営へw

 

今回の稲城クロス、ストライダー14xのレースも併催されてて、ストライダーブースと試乗コースが設置されてた。200周ぐらいは走ってたんじゃないだろうか。うちの3歳児。

 



コーナリング中でもカメラ目線。

 

んで、のんびり(というか子守?)してたらいつの間にか試走時間。慌てて準備して試走へ。早朝に会場入りしたのに、結局1周しかできず。←

 

試走後すぐ、アッキーのC4Aレース。序盤で良いとこまで上がったんだけど、フロントタイヤスローパンク。残念。

 

で、自分のレースまで時間があるのでランチへ。事前にリサーチして見つけておいた、南多摩駅近くの「オルトラーナ」っていう、食べログスコア3.29のイタリアンへ。

会場から地味に離れてたから、Japan Taxiってアプリをインストールしてタクシー呼んで。初めて使ったけど便利ね。コレ。ただ、注文しないと何分後にタクシー来るかわからないけど。

 



便利。UIはほぼUberのパクリ感。

 

そして、お目当てのイタリアンは定休日。仕方なく駅近くのラーメン屋。これはこれで美味かった。

 

レース

そんなこんなで自分のレースの時間に。

AJOCCランキングのおかげで普段のレースはほぼ毎回最前列だけど、今回はゼッケン55番で最後列。これはこれで楽しいかも。と。

目標は、「体も機材も壊さず追い込む」。これマスト。練習レースで練習できなくなったら元も子もない。

あと、同じく最後列スタートの筋肉ブロガーに負けないこと。これもマスト!

 

↓筋肉ブロガーのブログ。


 

スタートは悪くなく、1周目で30位までアップ。後ろに筋肉ブロガーの気配は感じない。

このまま、インフィールド区間で前との差を詰めつつ、長めの直線で抜いていけば、筋肉ブロガーが上がってくる前に上がっていけるはず。

 

なんて思ってたんだけど、おかしな事に、インフィールド区間で前との差が詰まらない。ていうか、後ろに渋滞ができてる!(注:コーナーが遅いだけ。)

 



シケイン。

 

コーナーで離される分、立ち上がり踏んで、ホームストレートで少しずつ順位上げつつ、ジワジワ後ろから上がってきた人に抜かれつつ、心拍数上がりすぎて吐きそうになりつつ走る。

 



階段。

 

そして終盤になるにつれ、某筋肉ブロガーを応援する声が大きくなってきた。

「ヤバい!」

1人でも多く抜いて、後ろに壁を作りたいんだけど上手くいかず、真後ろにピッタリつかれてファイナルラップ。

前にアズリンのヨッシーも見えてきたけど、気にすべきは真後ろの筋肉ブロガー。

コーナリング中、自分のリアタイヤにフロントタイヤでチュッチュしてきやがる。これは狙ってんなこの筋肉。

 



はるそめvs筋肉。Photo by アッキー。

 

とにかく、コーナーはどうでも良い()から、立ち上がりを全力で踏んで前に出させない。

シケイン、階段と守り切り、「これはもらった!」と思った矢先、痛恨のクリートキャッチミス。しかも両足。

筋肉ブロガーにバレないよう、こっそりクリートはめようと極力少ないモーションで嵌め直そうと試みるも、当然バレてて、立ち上がりアタックされて抜かれた。やっちまった!!!orz

たぶんこの時、クリートハマってなくても気にせず踏み倒す!が正解だったんだろうな。

 



使用後。みんな砂埃まみれ。

 

というわけで、さいごのさいごに1番負けたくない筋肉ブロガーに負けて28位でございました。

 

レース後

帰りたくない(もっとストライダーに乗っていたい)3歳児にギャン泣きされながら帰宅。

 

次戦は5日後の川島町クリテリウム。その翌週は茨城シクロクロス土浦。

about me / プライバシーポリシー

Copyright © 2012-2017 はるそめロードバイク日記 All Rights Reserved.