2019年ツール・ド・八ヶ岳 男子Bクラス:やっぱりヒルクライムレース苦手

およそ4年ぶりのヒルクライムレースでツールド八ヶ岳へ。

基本、ヒルクライムレースには出ない主義なんだけど、年に1回ぐらい、FTP計測がてら出てみても良いかな〜。と。

日程的にいい感じで、当日受付できて、極力金のかからないレース。って考えると、ツールド八ヶ岳がベストだった。

3日前の寒波で降った雪の影響で、ハーフコース開催。ハーフコース開催に決まった前日夜は、「物足りないから2本登るか〜。」なんてふざけた事を思っていたものの、登り始めて心の底から、「ハーフコースで良かった、、、。」と。

Contents

ツール・ド・八ヶ岳 男子B 19位/36

項目 今回 前回 前々回
日付 2019年4月14日 2015年4月19日 2014/4/20
クラス 男子B 男子B 男子A
優先度 C
順位 19位/36 30位/110 8位/47
タイム 47分49秒(ハーフ) 1時間23分19秒 1時間19分17秒
トップとの差 +9分4秒 +19分2秒 +8分6秒
レース前CTL 83
レース前TSB -1
平均パワー AP208w AP187w
NP NP216w NP197w
平均心拍数 N/A 180bpm 185bpm
最大心拍数 N/A 195bpm 195bpm
平均ケイデンス 81rpm 75rpm 68rpm

順位%的には過去最低。そして、FTP計測会のつもりで行ったんだけど、全力出したつもりなんだけど、48分のNPが設定FTPの90%w

このあいだのJCRC下総の2時間エンデューロですら2時間NP216wなのに。どんだけヒルクライム苦手やねんw

今日の機材

  • フレーム:BH G6
  • ホイール&タイヤ:FFWD F6R + Vittoria Corsa G+ 25c
  • 重量:6.9kg

レース前

ヒルクライムレースなんかに嫁氏と2歳児を連れて行ってもしゃーない。ので、久しぶりに、イナバさん、キノさんと3人でレースへ。

3人で行けば安上がり!エントリー費と交通費合わせて1万円弱でいける。

1月に雪が降った翌日に晴れた日曜日は、関東中のスキーヤー・ボーダーが動き出したんじゃないかってぐらいの渋滞で、前橋CXに間に合わなかったことが。警戒してたけど、ノー渋滞で無事、スタート2時間前に到着。

用意して受付して荷物預けて、スタート位置は成り行きで最前列に。ツールド八ヶ岳はマスドスタート方式らしいからちょうど良い。

レース

そんなこんなでいよいよスタート。集団10番手ぐらいを千切れるまで走りたかったんだけど、2番手に。ツキイチも悪い気がして、先頭交代してから後退。

15分ぐらいは集団で耐えたかったものの、8分ぐらいで脱落。その後はゴボウ抜かれされ、徐々に順位を落としながらゴール。(ヒルクライムってブログに何書けばいいんだw)

f:id:haruki_mattari:20190414210835j:image
ハーフでも良い景色。

ちなみに千切れてからは、全力で踏んでるつもりなんだけど、パワーは200w前後しか出ない。200wってL3だし。。。

50分弱のロードレースやクリテリウムだったら、調子悪くてもNP250wぐらいは出るはずなんだけどなぁ・・・。どうしてこんなに、ヒルクライム苦手なんだろう。

レース後:ツール・ド・佐久?

ゴール後、キノさんにもイナバさんにもタイムで負けてる事が判明。ていうか、2014年のフルコースで走った時のハーフ通過タイムより1分遅い(笑)

30分もすると、下山開始になったのでサクッと下山。ほかのヒルクライムレースと違って、集団下山じゃないから無駄な時間使わなくて良い感じ。

駐車場に戻って片付け後、キノさんと締めの懸垂。下山してもしっかり筋肉を追い込む意識の高さよ。

そして、ここからがツールド八ヶ岳のメインイベント。ランチへ。

事前に食べログで調べといた、佐久IC近くのお蕎麦やさん、「佐久の草笛」へ。胡桃そばが有名らしい。

f:id:haruki_mattari:20190414210933j:image
胡桃そば。つゆが甘くて美味しい。

優勝。ヒルクライムの結果はクソだったけど、ランチは年代別優勝やな。

胡桃ペーストをそばつゆで割って食べるスタイルなんだけど、甘くてマジウマ。

ランチの待ち時間中に、なんとなく、パン屋も寄りたくなったので、サクッと検索。ランチ後、佐久IC近くのパン屋「麦香路」にサクッと。

f:id:haruki_mattari:20190414210948j:image
佐久IC手前のパン屋さん。おしゃれ。

自分とキノさんは、嫁氏への土産パンを仕入れ。対してイナバさんは、パン屋に寄った事を黙って帰る作戦。流石です。

で、渋滞に引っかかる事もなく3時前に帰宅。ヒルクライムのタイムマネジメントはクソだけど、レースからのランチからのパン屋からの帰宅前でのタイムマネジメントは完璧だったw

次回のヒルクライムは、東京ヒルクライムの奥多摩ステージになるかも。また今回の3人で。次は体重の4倍ぐらい出したい気もする。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる