2019年 とりでクリテ エリート:即死w

今年で5回目の参戦となる、とりでクリテへ。エントリーリストを見ると、過去最高レベルに強い人だらけ。足切りをある程度覚悟しつつ、茨城県は取手市へ。

Contents

春のとりでクリテリウム エリート

項目 今回
2019年
前回
2018年
前々回
2017年
前前々回
2016年
クラス エリート エリート エリート エリート
順位 DNF 4位/24 4位/24 8位/24
トップとの差 -10Lap 44秒 22秒 2分2秒
レース前CTL 82 59 93 89
レース前TSB -8 +16 -7 -10
平均パワー AP220w AP222w AP239w AP250w
NP NP248w NP249w NP260w NP263w
平均心拍数 172bpm 176bpm 171bpm N/A
最大心拍数 178bpm 189bpm 194bpm N/A
平均ケイデンス 100rpm 100rpm 102rpm 97rpm

半分も保たず死亡。ていうか、このコースで入賞した事があるなんて、信じられない。。。

前回のレース記事

今日の機材

  • フレーム:Vigorelli Road
  • ホイール&タイヤ:F6R + Vittoria Corsa G+

レース前

特に時間も調べず、1時間前に会場入り。試走できたら良いな〜。程度に考えてたら、「おためし60分エンデューロ」なるレースをやってて、できず。

(毎年のように出てるし、大丈夫でしょ〜って思ってたら、今年から舗装が変わってて大丈夫じゃなかった。)

とりあえず、20分ほどケイデンス高めでローラー回して、レースへ。

レース

1周目:2分29秒 NP322w

2周目:2分18秒 NP271w

3周目:2分28秒 NP206w

4周目:2分42秒 NP195w

5周目:2分30秒 NP217w

6周目:2分30秒 NP228w

7周目:2分23秒 NP244w

ギリギリまでアップしてたので後ろ目スタート。(失敗①)

スタートして、とりあえず10番手ぐらいに上がると、初っ端からアタックが。足を使いたくないので、そのまま集団の流れに身をまかせることにする。(失敗②)

すると、みんなワラワラと反応し始め、両側から後ろの選手も上がってくる。で、ズルズル後退。1コーナーへの侵入は集団後方になってしまった。。。

で、試走してない分攻められず(失敗③)、前と微妙に間が空いて埋めるのに足を使う。コース後半の連続コーナー区間で、前の選手がコーナーでその前の選手と自転車3台分ぐらい離されてから踏み始める感じので、さらに足を使う。(ここにいる自分が悪い。)

で、2周目で千切れ、レース終了。

あとは、後ろの集団に吸収されて完走を目指すも、たった7周(レースは17周)で降ろされた。あー、しょっく。

反省

とりあえず、クリテリウムの走り方を完全に忘れてた。正確には、フィジカルの弱い人間のクリテリウムの走り方。か。

スタートは最前列にして、成り行きで良い位置行けるとこにいないといけないし、序盤は足使ってでも前に行かないと行けないし、コーナーがカギになりそうなコースはちゃんと試走しとかないとダメだし。

5分のCPが300wちょいのくせに、レース開始3分で300wちょい使ってたらそりゃあかんわ。と。頭をロードに切り替えないとなぁ。次は頑張ろ。(そもそも、勝負する権利のないフィジカルじゃん。と言ってしまえばそれまでなんだけど、ただ、もうちょっとやりようはあったよなぁ。と。)

レース後

想定外に早くレースが終わった(笑)ため、ちょっと離れてるけどばんどう太郎へ。

そのまま、市川市動植物園に向かったものの、2歳児が寝たのでそのまま帰宅。

次のレースは明日のアワーディスタンス。5万円完成車ピストだし、、、練習。って感じ。その次は再来週のツールド八ヶ岳。これも練習だから、その翌週のJCRC群馬が本当の次戦。がんばろー。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる