はるそめロードバイク日記

妻子持ちフルタイムワーカーが嫁と一緒に子育てと自転車レースを頑張るロードバイクのブログ。

【人柱】Wheelrightで激安フレームを買ってみた話。【海外通販】

先日、今年のロードバイクフレームを買った際に利用したWheelright。

 


 

あまりの安さに、「これ、本当に詐欺じゃないの??」と不安になった。だって、CAAD12が送料込みで5万6000円ですよ!?

ちょうどその直前、激安パワーメーター詐欺に引っかかったところだった事もあり、余計に不安。数千円ならネタにして済ませるけど、5万円オーバーはさすがに堪える。

 

とか思いながらもポチり、そして、ちゃんと届いた。というか、届くまでの時間がめちゃめちゃ速く、かつ梱包もしっかりしてて感動した。というわけで、折角なので、この経験をブログに綴ってみようかと。

 

「Wheelright安いけど、ほんとに大丈夫?」って不安な方の参考になれば。※今回の買い物は問題無かったけど、これから先も問題ないことを保証するわけではないので、あくまで参考程度で。

 

Wheelrightとは?

いつも海外通販のセール情報を流してくれる、海外通販情報局さんが紹介してて初めて知ったサイト。

どうやら、Cycling Expressの元社長が立ち上げた会社らしい。ノウハウとコネだけ持って、自分が株式を保有する会社作っちゃったとかそんな感じ?

ってことで、Wheelrightも台湾系の海外通販サイトらしい。

 

という情報を前提にWheelrightのサイトを見たら、こんな記述が。

 

WheelRight はオーストラリアのシドニー郊外と台湾の台中にある会社として、
1999年にオンライン自転車ストアを始めました

 

おや?

 



Wheelright。

 

0時間経過:注文

23日の19時、ポチッと注文。

フレームは49,999円、日本までの送料は6,900円。

 



注文確認メール。

 

6時間経過:発送連絡

24日1時、発送連絡。にしても、台湾との時差って1時間しかないはずなんだけど。

 



発送連絡。ちょっと不安になる簡素なメッセージ。

 

3日と14時間経過:商品到着

27日9時、佐川のお兄さんがフレーム持ってきた。

というわけで、日本で買うより早いんじゃないの?ぐらいの速度で台湾からフレームが届いた。ビックリ。

 



トラッキング。その①

 

 



トラッキング。その②

 

そして、梱包もめちゃめちゃ丁寧。写真撮り忘れたけど、開封するのが難しいぐらい、発泡スチロールグルグル巻き。これでも勝手ぐらい巻いてあった。

 

まとめ。めちゃめちゃ早い上に梱包丁寧。

というわけで、初めて使ったWheelright。安い速い丁寧で、かなり好印象。

ちなみに、関税は一切かからず。商品受け取り時には何も支払わなかった。

about me / プライバシーポリシー

Copyright © 2012-2017 はるそめロードバイク日記 All Rights Reserved.