2020年シーズンのロード用フレームが届いた。【コスパ重視】

Wheelrightから送られてきたフレーム

今年の6月、JBCF交流戦 群馬CSC大会で落車し、それまでロードレース用バイクとして使っていたBHのG6がご臨終。

それ以降、クロモリでフロントシングルなCinelliのVigorelli Roadをメインバイクとして使ってた。(スプロケを11-34にすれば、フロントシングルでも意外となんとかなる!←)

それから、「次のフレームどうしよう?」と数ヶ月()悩み、先日、ようやく新しいフレームを買った!

Contents

2020年のロード用フレームは君に決めた!

ポチッと。

f:id:haruki_mattari:20191227170835j:image
CAAD12!

来シーズンはJBCFもニセコクラシックもおきなわも、こいつで戦う予定。ちなみにまだ組んでない。(BB到着待ち。)

CAAD12にした理由。

安かったから。(*´ω`*)

最近、開店セールやりまくってるWheelRightで、送料込み57,000円。大流行のVENGEの10分の1価格!w

(詐欺だったらどうしようとか思ってたけど、届いて良かったw WheelRight記事はまた別途書こうかな。)

それに、CAAD12って普通に走ると思うんだよね。実際、うちのチームのエースがJBCF群馬E3で優勝、E2で2位、広島クリテE1でトップ10、東広島とやいた片岡、石川でトップ20をCAAD12で取ってる。フレームのポテンシャル的にはなんの問題もないはず!

結局、エンジンだよエンジン!できることならエンジンを速いヤツに載せ替えたい!生まれ変わりたい!←

f:id:haruki_mattari:20191227173447j:image
アルミのくせに軽くてびっくりした。

自転車に投資するより自分に投資。

実際、次買うときはディスクブレーキモデル!なんて思ってたりもしたんだけど、プラス20万円も30万円も払ってまで買うほどの価値は感じなかった。(今までの資産流用できないし。)

だったら、その20万円なり30万円なりをレースに出るとか、家族で遊びに行くとか、そういう体験に使った方が良いんじゃないかと。(あくまで”自分は”ね。)

で、リムモデルにしよう!と決めてからは、MERIDAのSculturaあたりにしようかなと思ってたんだけど、CAAD12と大して性能差無くね?と。さらに20万円近く浮いたw

今回の、「次のフレームどうしよう?」検討での結論は、自転車なんて所詮は消耗品。安くて軽くて良く走るリムブレーキフレームに、アルテ、Primeあたりのカーボンチューブラーを組み合わせて7kgちょいの自転車作っとけば問題ないんじゃない?だった。

とはいえ、次に買い換えるときは流石にディスクなのかなぁ・・・。

Wheelrightから送られてきたフレーム

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる