2018-2019 湘南シクロクロス第1戦 中井 C2。こんなもんでしょう。

おきなわからほとんど乗れないまま12月になってしまった。そして今日は、得意な湘南シクロクロスの中井。

フィジカルは最低だけど、得意の中井なのでらあわよくば表彰台欲しい。でも今回、スタートリストにはまさかのトムボシスの名前が。あ、昇格のチャンスは無いな。(笑)

ちなみにこれまでの中井の結果はこんな感じ。何故か、相性が良い。

レース クラス 順位 トップ差 備考
2015-2016#3 C4A 1位/47 C3に昇格。
2016-2017#1 C3 3位/16 +2分13秒
2016-2017#2 C3 2位/25 +29秒 C2に昇格。
2016-2017#4 C2 5位/19 +3分26秒
2017-2018#1 C2 3位/33 +48秒 C2初表彰台。
Contents

湘南シクロクロス第1戦 中井 C2 5位/21

項目 今回 前回
日時 2018年12月2日 2017年12月17日
クラス C2 C2
順位 5位/21 3位/33
トップとの差 +2分36秒 +48秒
レース前CTL 59 67
レース前TSB +29 +25

今年最低のCTLに高すぎるTSB。いわゆる練習不足で迎えた中井。

まあ、5位は上出来かな?

前回のレース記事

今日の機材

  • フレーム:Ridley X-Night
  • ホイール&タイヤ:WH-RS500 + IRC Serac Edge

今日のオンボード動画。

レース前

試走が12時から、レースが12時35分からってことで、ゆっくり目に会場へ。

ランチ食べに行くにも微妙な時間だったので、嫁氏にお弁当作ってもらい、会場で弁当ランチ。

それから用意し、アップし、試走したらあっという間にレースの時間。

試走した感じ、例年より1つ、登山が増えてた。Edgeじゃきつい部分もあるけど、まあ、Edgeだなと。足は重い。

1周目:8分28秒

スタートは今日も1列目。

最初の階段を思いっきりダッシュするためにも、ホールショット取るぞー!と。

「ピー!」とスタートの合図。そして、「ツルッ」とペダルを踏み外す。埋もれた╰(*´︶`*)╯

そのまま挽回できず、埋もれたまま1コーナーへ。そんな中、トムはすごい速度で突き抜けていく。階段には14番手で突入。(動画で数えた。w)

階段は詰まって上げきれず、2人だけパス。その後の担ぎ区間で1つ順位を下げるも舗装路で抜き返し、かつ、1つ順位を上げて11位でグラウンド区間へ。グラウンド区間で6番手まで順位を戻し、2周目へ。

2周目:8分33秒

前がもう見えない。だいぶ離されてしまった様子。とりあえず、全力で頑張る。

グラウンド区間で、前が見えてきた。10秒ほど先に1名。さらにその10秒先にもう1名。そのまま3周目へ。

3周目:8分42秒

階段区間で一気に前に追いついた。ただ、心臓は爆発しそう。

で、せっかく追いついたんだけど、山登り区間後の飛び乗りでもたついてしまい、また10秒弱ぐらいの差になってしまった。で、こっから、追いつけずに終わる。(1名メカトラで遅れたので、終始5位。)

やっぱり、ちゃんと練習して体を作ってないと、タレるのが早い。来年1月のレースまでにはなんとかしないと。(2週間後の宇都宮は間に合わなそう。)

4周目:8分32秒

後ろからジワジワと、ミナミさんに追われ、恐怖。ギリ耐えてそのままゴール。あと1周あったらヤバかった。

f:id:haruki_mattari:20181202220019j:image
ゴール。

レース後

レース後は、そのまま中井中央公園の公園で2歳児と遊び、帰宅。

やっぱり、シクロクロスは家族連れに優しい。みんな楽しめる。ちなみに、うちの2歳児、レース中はずっと、「ぼしすはやーい!ぼしすがんばれー!」と応援してたらしい。お父さんの応援はほぼ無く。w

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる