落車でガリガリに削れたSTIの銀色の部分を交換した。

先週末のJBCF大分クリテリウムで落車して、STIの銀色の部分がガリガリに削れてしまった。って事で、削れた部分をヤスリで削りつつ、銀色の部分を交換したよって記事でござます。

Contents

STIの銀色の部分の名称

“ネームプレート”というらしい。

「名前書いてへんやん!」って感じだけれども。今回削ってしまったSTIはアルテグラグレードのST-R8000。

どっかに売ってないかな〜?と探したら、モノタロウで売ってた。ベアリングとかスモールパーツはやっぱり、安定のモノタロウですな!

f:id:haruki_mattari:20201008061920j:plain
右用と左用あるから注意。ていうか、ブラケットカバー安いな。買えばよかった・・・。

ポチって右用は当日発送ですぐ着弾。左用は後日。2回に分けるけど送料は1回分の500円。さすがモノタロウ。BtoB通販のAmazon!

f:id:haruki_mattari:20201008061959j:plain
ネームプレート着弾。

とか言いつつ、Amazon見てみたら、同じ値段で送料無料あった、、、。

というわけで交換

交換は非常に簡単。プラスドライバーでネジ外すだけ。

f:id:haruki_mattari:20201008062007j:plain
①プラスドライバーで削れたネームプレートを外す。
f:id:haruki_mattari:20201008062014j:plain
②取れた。
f:id:haruki_mattari:20201008062020j:plain
③削れた部分をヤスリで滑らかに。
f:id:haruki_mattari:20201008062028j:plain
④こんなもんで良いか。(妥協)
f:id:haruki_mattari:20201008062034j:plain
⑤新しいネームプレートを取り付け。
f:id:haruki_mattari:20201008062039j:plain
⑥完成!

というわけで、落車で削れたSTIが少しだけ、きれいになった。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる