ヒラメっぽい、GORIX ポンプヘッドのインプレ

我が家で使っているBirdsmanのフロアポンプ、どうも延長バルブとの相性が悪くて、F6Rに空気入れてる最中にすっぽ抜ける。時間の無駄な上、あまりにもイライラさせられるので、バルブヘッドだけ交換することにした。
どうせ変えるならヒラメにするか〜!と思ったけど、お値段見てビックリ。7000円もする。ほかに良いバルブヘッドないかな〜?と探してたら見つけた、GORIXのポンプヘッド。

Contents

GORIX ポンプヘッド

GORIXは、楽天やYahooショッピングで自転車パーツを買おうとすると見かける、「ごっつプライス」のプライベートブランド。そんなGORIXが販売する、ヒラメっぽい(パ●リ?)ポンプヘッド。

本家ヒラメポンプヘッドが約7,000円なのに対して、GORIXポンプヘッドは約3,600円。

商品説明にはこう書かれてある。

エアー漏れに大変苦労していた方。空気入れの救世主? ポンプが軽くなりあまり力をいれずに空気が入っていきます。 ヘッドとバルプを密着してホールドさせることにより、空気の漏れを無くし、快適に空気を入れることが可能に。 仏式・米式対応しています。

Amazonレビューもそこまで悪くなかったので、買ってみることにした。

使ってみた感想:普通のバルブ以上・ヒラメ以下

取り付けは簡単。既存のバルブをホースから抜き、GORIXポンプヘッドを差し込んでタイラップで固定するだけ。

空気に関しては、普通のバルブヘッドよりも入れやすい。ディープリムホイール用の延長バルブが付いていても問題なく、すんなり空気が入る。

ただ、ヒラメバルブほどの使い勝手の良さがあるかというと、、、それはない感じ。
先端についてる加圧調整ネジの調整にちょっとコツがいるのと、カムレバーの開閉がひらめ程は軽くない。

それでも、普通のフロアポンプについてるポンプヘッドよりは断然使いやすいのでヨシとしましょう。

追記:結局、ヒラメに買い替えた

当初記事を書いた段階では特に不満はなかったんだけど、バルブの種類によってはうまく空気が入らなかったり、加圧調整ネジの調整がシビアだったりで、ちょっと不満が出てきた。

ってことで、奮発してヒラメヘッドに買い替え、、、4年以上使ってるけど全く不満なし!ヒラメヘッドの値段も下がって買いやすくなったし、ハナからヒラメヘッドを買うことをお勧めします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる