SIROKOのサイクルジャージを買ってみた

数年前に某筋肉ブロガーが紹介していて知って、それ以来、アイウェアはずーっとSIROKOを使ってる。とにかくコスパが良い。1万円以下で買えるのに、デザイン&フィット感は悪くない。

そんなSIROKO、アイウェアだけじゃなくてサイクルジャージも販売していて、気になってた。気になってたんだけど、定価は一丁前にパールイズミ並。流石に、よくわからん(使ってるくせにw)メーカーが出す1万円オーバーのサイクルジャージは買えないな〜。と思ってたんだけど、セールで半額以下になってる!ってことで、試しに買ってみた。

今のところ、自分の中ではコスパジャージ=モントンなんだけど、果たしてその認識は更新されるのか?

先に結論を書くと、

デザイン:○
フィット感:△
通気性:×
レア度:◎←まず、人と被らない

って感じ。選択肢としてはアリだけど、ファンになるほどではない。って印象。

ってことで、SIROKOのサイクルジャージインプレでございます。

Contents

今回買ったもの

今回、下記の通りジャージ2枚とレーパン1枚を購入した。

カテゴリ商品名定価割引率購入価格
半袖ジャージM2 Dirty Road Sサイズ90.00€-57%39.00€
半袖ジャージM2 Black Cobble Sサイズ90.00€-57%39.00€
レーパンAspen Mサイズ120.00€-59%49.00€
定価高すぎ問題。

合計127.00€。日本円で17,908円。注文時はすっかり忘れてたんだけど、、、海外通販って16,666円を超えると関税がかかる場合がある。(よね?)
輸入関税&消費税ってことで2,900円取られた。失敗。と思ってサイトを確認すると、送料無料ラインは16,890円から。送料も関税もかからないスイートスポットは存在しない模様。

ってことで、合計20,800円。1着あたり7,000円弱か。あれ、、、あんまり安くない、、、?モントンならエアロワンピ2着買えるかも。

ぱっと見良さげなサイズ感

あまり安くないことに気づいて動揺しつつ、気を取り直してインプレを。まずは、着てみた感想から。

身長約170cm、体重64kgで、ジャージはSサイズ、レーパンはMサイズを選択した。実際に着てみたのが下記。

正面
背面
モスグリーンカラーなジャージも買った。

個人的に、デザインは非常に好み。ぱっと見た感じ、ジャストフィットに見えるんだけど、肩周りのフィット感がイマイチ。背面の写真をよくみてもらうと、首周りにシワができてるのがわかると思う。

あと、わかりづらいかもしれないけど、脇付近が余ってる。軽いモモンガ状態。

マッチョな逆三角形体型だと、ジャストフィットかもしれない?残念ながら、フィット感最高!とは言えない感じ。

ジャージの作りとか素材とか

ジャージの作りは、なかなか良き。

袖は長めでエアロっぽい。軽いメッシュ風になってる。
滑り止めのゴムはきつすぎず。
バックポケットは両端が斜めになってて、使いやすい。チャック付きのポケット付き。

ただ、残念なのは、風通しが非常に悪い。写真を見てもらうと、若干テカテカしてそうなのと、全く透けてないことがわかると思うんだけど、水着みたいな生地が使われてる。実際乗ってても、全然風を通さないから暑い。汗もあまり吸わない。

ちょっと肌寒い初夏、夏の終わりには良いかもしれないけど、真夏はちょっと、厳しいかもしれないなぁと。

レーパンの作りとかパッドとか

続いて、レーパンについて。お尻との相性が良いかどうかが結構重要。過去の経験上、ウェーブワンやパールイズミ、モントンのレーパンは相性がよかったんだけど、SIROKOとの相性は、、、普通。相性の悪いチャンピオンシステムよりはお尻が痛くなりにくいけど、相性の良い前述のレーパンたちよりはお尻が痛くなる。

Mサイズにしたんだけど、ちょうど良い。

ただ、デザインは良いんだよねぇ。左右非対称な感じが個人的に好み。

肩紐部分はちょこっとメッシュ。
ビブ紐の形状が独特。
パッドはこんな感じ。
パッドは分厚め。

今回ジャージ2着買ってしまったから、今度アイウェア買い足すときにレーパンだけ追加しても良いかもな。

まとめ

というわけで、試しに買ってみたSIROKOサイクルジャージのインプレでした。

フィット感が若干イマイチ&通気性が悪く、真夏の使用には向かない気がしつつも、それなりに安く、かつ、デザインが良く、人と被らない。

サイト見てみて、通気性とフィット感をある程度犠牲にしてでも欲しい!と思えるデザインのジャージが50%オフ以上になってたら、買っても良いかもしれない。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる