はるそめロードバイク日記

妻子持ちフルタイムワーカーが嫁と一緒に子育てと自転車レースを頑張るブログ。

3歳児と井の頭自然文化園へ。

先週日曜日、稲城クロスに参戦する前に「井の頭自然文化園」へ行ってきた。ってことでそのおでかけ記事を。公園にちょっと毛が生えた程度なんだろうな。とあまり期待せずに行ったんだけど、なかなか良かった。

基本的に西東京が大嫌い(渋滞酷いから。)な自分は、前から気にはなっていたものの、なかなか行く機会に恵まれなかった。なんだけど、ちょうど、自宅と稲城クロス会場の中間地点にあったので行ってきた。

 

井の頭自然文化園

東京都武蔵野市にある都立動物園。吉祥寺から歩いて行けるぐらいの距離にある。

 

都立の動物園だから、入園料は良心的で大人1人400円。但し、車で行く場合、駐車場料金はまったくもって良心的じゃないから注意。w

可能なら、「井の頭恩賜公園駐車場」に停めることをお勧めします。他の駐車場に比べて比較的安く、かつ、近い。ただし、駐車可能台数が少なくて、ソッコー満車になるっぽいので注意。自分の場合、自然文化園がオープンする9時半ちょうどに着いたけど、8割ぐらいは埋まってた。で、あそび終わった11時半頃で既に満車。

 

個人的に、この自然公園(ほぼ動物園)の目玉は、「りすの小屋」と「いきもの広場」かなと。

「りすの小屋」は、野放しにされた、かつ、人馴れした(?)リスが大量にいるゾーンで、かなりユニークで楽しい。そしてかわいい。

「いきもの広場」は、"生き物が住みやすい環境を用意して、自然と集まった生き物を探して観察できる"ゾーンで、これまたユニークで楽しい。ただし、めちゃめちゃ蚊に刺されるw

 

詳しくは公式サイトで。→井の頭自然文化園公式サイト - 東京ズーネット

 

行ってきた。

9月後半の日曜日、オープンの時間を狙って井の頭自然文化園へ。9時45分(オープンは9時30分)入園。激混みって感じではなく、快適に回れる混み具合。

 



入り口。

 

入って早速、何故か銅像の前に寝転がる3歳児。

 



なんのポーズ?

 

さぁ、動物見に行くぞ!!と意気込んでたんだけど、滑り台を発見した3歳児は遊具コーナーへ一直線。いや、いつもの公園と一緒やん。いいんやけど・・・。

 



遊具。約20分消費w

 

説得の甲斐もあり(?)、遊具遊びを終わらせてメインの動物コーナーへ。まずは、モルモットふれあいコーナー。

 





モルモットを取っ替え引っ替え3匹。あかんで、女も取っ替え引っ替えなチャラ男になったら。

 

で、動物の展示を見て回る。

 



男前感漂うニワトリ。

 



貧乏ゆすりしてたヤギ。

 





かわいい①

 





かわいい②

 

で、次はゾウさんコーナー。なんだけど、いなかった。2016年に亡くなったらしい。で、今はその像の展示コーナーになってた。

 



誰もいなくて寂しい像エリア。

 



とりあえずタッチ。

 

ブラブラ園内を歩いてると、怪しい雰囲気。「あ、遊園地コーナー!」。

3歳児に見つからないよう、最新の注意を払って進むも、、、見つかった。

 



ゆうえんち。

 





るなぱあくの8倍するメリーゴーランドとか。

 

少し財布が軽くなったところで、リスの小屋。個人的に、ここが一番楽しかった。

 



すばしっこい。

 





リスって本当にどんぐり食べるんだね。

 



銅像。良い筋肉。

 



なぜか、橋をハイハイで渡る3歳児。石橋を叩いて渡る的な?

 

で、地味に楽しかった銅像の展示コーナーを見てから、いきもの広場。ここは、いきものがすみやすい場所を作って、野生のいきものを呼び寄せて展示するスタイルらしい。

 



いきもの広場。蚊もいきもの。

 

東京都民にはお馴染みのようで、みんな防虫対策万全。万全じゃない自分に蚊が集中。(した気がした。)

 



生まれて初めて生で見た、カマキリの共食い。出産後にメスがオス食べるやつ。

 



窪んでるのは蟻地獄。

 



いきもの探し。

 

そんなこんなで、2時間楽しんで帰宅!個人的には立地がイマイチだけど、また来たい。

動物園とは別に水生物園もあるらしく、今度はそっちにも行ってみたいところ。

about me / プライバシーポリシー

Copyright © 2012-2017 はるそめロードバイク日記 All Rights Reserved.