鎖骨骨折の治療内容と費用について

タイトルの通り、先週末、鎖骨骨折しました!🥺

結果、2泊3日で入院し、鎖骨プレートを入れる手術をしてきたので、その内容・かかった費用について記事にしてみようかなと。鎖骨後輩にとどけー!←

Contents

骨折から入院して手術して退院するまで

12/12: 落車→骨折判定

ことの発端は袖ヶ浦で開催された袖ヶ浦チャレンジラストのスプリントでの落車。

救護エリアで応急処置をしていただいて、袖ヶ浦から自宅近くの整形外科へ直行。一目見てドクターから鎖骨骨折判定を頂き、レントゲンを撮影。

f:id:haruki_mattari:20201219153430p:plain
レントゲン写真。ポッキリ。

折れ方的に、保存療法ではキレイにくっつかないでしょう。って事で、近くの総合病院への紹介状を書いてもらい、鎖骨バンドを装着してその日は帰宅。

この日が土曜日で総合病院の診察時間も終わってたから、次病院に行けるのは2日後。反省点として、鎖骨折れてる可能性高いなら最初から入院と手術ができる病院に行くべきかも。そうすれば、もしかすると、即入院翌日手術ってラッキーなパターンがあったかも。(過去にチームメイトのキノさんが折った時はこのパターン。)

12/13: 自宅療養

昨日もらった鎖骨バンドのおかげで、比較的楽に家で過ごせた。夜寝る時は、完全に横になると起き上がるのが辛いから、ソファーに特設リクライニングベッドを設営して就寝。

12/14: 診察→入院・手術日程確定

念願の病院へ。
ラッキーなことに、たまたま診察を担当してくれたのがスポーツ整形の先生。良い筋肉。信用できる筋肉

開口一番、「派手にいきましたね〜!もちろん、手術です。」

ってことで、レントゲンやらCTやら血液検査やら、検査してる間に手術日程の調整してくれて、明日入院、明後日手術、その翌日退院に決定。

すぐに手術してくれる事になって良かった!あと、2泊3日の入院って、鎖骨先輩方のブログ見てる限り、短め?

あと、折れ方は結構厄介らしい。がっつり転位してるし、実は2箇所折れてるらしいし、折れたところがそれぞれ2叉に分かれてササクレ風になってるらしいし。不安。

12/15: 入院

コロナのPCR検査してから、入院。めちゃ長い棒を鼻に突っ込まれて、涙出た。唾液検査ちゃうんかい。

手続きが終わり、ベッドに入ってからはとりあえず快適。大部屋って言いつつ4人部屋だから壁沿いだし、ベッドはリクライニングするからPCもいじりやすいし、ポケモンgoのジムも近いし。

そして、21時から絶食。就寝。

12/16: 手術

13時半、手術開始。噂通り、自分で手術室行って、手術台乗って、酸素マスク着けられ、「深呼吸してくださーい。」って言われたと思ったら終わってた。

そして辛かったのはここから

18時までの3時間強、酸素マスク付きで絶対安静の寝たきりで一切動けない。
(動いて良いって言われても動けない気もするけど。)

手術した箇所はめっちゃ痛むし、首周りは極度の肩凝りでダルいし痛い。なんだろ、痛みを伴う金縛りが何時間も続く的な?(鎖骨先輩方のブログには、たまに、痛み止めの点滴が登場するけど、自分もしてもらえてたのかは不明。)

「もう、マジで限界!!!」って思い始めた頃、夕食の時間でついに看護師さんきてくれて、ベッドのリクライニングボタンが解禁された。

合わせて、夕食も出されたので頑張って食べるんだけど、3口ぐらいでギブ。と言うのも、飲み込む度に喉が痛む。手術中、喉に管突っ込まれてたからかな?

このタイミングで痛み止めのセレコックス錠飲んだんだけど、痛みは治らない。

こんなの、絶対寝れないなー。なんて思いながら動画見て気を紛らわせてたんだけど、痛み止めが効いてきたのか、21時過ぎに寝落ち。

したものの、3時前に痛みで目が覚め、その後、寝られなくなった。で、セレコックス錠をググったら、6時間開ければ飲めるって事で勝手に服用。(翌日、看護師さんにめっちゃ怒られたw

12/17: 退院

朝起きたらほぼ痛み消えてたりして♪なんて甘いこと考えてたものの、残念。しっかり痛い&怠い&肩凝りやばい。
「これ、ほんとに今日退院できるの??」って感じだったんだけど、10時ごろ退院。家に帰ってきてからもなかなか辛くて、家の椅子やソファーじゃ楽な姿勢が取れない。寝るのも苦労した。

そして、今に至る。

入院・手術費用まとめ

続いてかかった費用の話。

まず、入院2日前に外来で行った際の自己負担額が10,570円。CTとかレントゲンが結構高かった様子。んで、入院して手術した3日間の自己負担額が129,330円。意外と安くてびっくり。

ってことで、鎖骨骨折の入院&手術費用は合計139,900円だった。

言うわけで、鎖骨骨折から入院&手術に関する流れとお金関係についてまとめてみた。鎖骨後輩()の参考になれば幸い!

後日、完治までの流れ(まだ治ってないどころか、まだ痛いから書けないけど!w)とか、保険金関連の話とか、プレート抜く手術の話とかでも書こうかなと。

乞うご期待!←

以下、復帰までの話と、鎖骨プレートの抜釘手術の話を追記。

追記:高額医療制度と一部負担還元金について

手術&入院費用について追記。

まず、よく聞く”高額医療費支給制度”について。こちらについては残念ながら、収入レンジ的に13万円弱の治療費では高額医療費支給の対象にはならなかった。以下、高額医療制度の収入レンジに対する自己負担の限度額なんだけど、区分ウとイの差が大きすぎやしませんかね??

価格.comより

って事で、高額医療費支給制度には当てはまらず、全額支払いかぁ・・・。と思ってたんだけど、手術が終わって4ヶ月が経過した頃、会社で加入してる関東ITソフトウェア健康保険組合からお手紙が。

一部負担還元金って給付金が107,700円も支給された。調べてみると、健康保険組合によって条件等々は異なるものの、支払額が2万円を超えた場合に超えた分を支給してくれる制度らしい。全く知らなかったから、軽いボーナスみたいでめっちゃテンション上がった!

って事で、費用のまとめ部分に鎖骨骨折の入院&手術費用は139,900円と書いたけれど、実際には32,200円で済んだ。

さらに、au保険のバイクルベスト、レース主催者が加入してくれていた保険、埼玉県民共済等々からの保険金を計算すると、鎖骨骨折してめっちゃ儲かった!!!!(不謹慎)

というわけで、鎖骨骨折して沈んだ気持ちで検索して弊ブログにいらっしゃった皆さん。悪いことばかりじゃないから元気出して!←

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる