ビチアモーレでサイクルウェアを売ろうとしたけどやっぱりヤフオクで売った話。

この間、「いらないウェアあるなら一緒にビチアモに出してみない?」とお誘いいただき、いくつかウェアを査定に出してみた。

ITさんのブログでも、そこそこ高値で買い取ってくれる!的な話が紹介されていたので、意外と高値で売れたりして♩と。

査定額に満足いかなければ、売らなきゃいいだけだし。と、軽い気持ちで。

その結果、査定結果に満足いかなかったので売らず、代わりにヤフオクに出してみた。って話。

※なお、本記事はあくまで自分の体験談であり、売るものによってはもっと高値になるかもしれないし、ならないかもしれない。ものによってはヤフオクの方が安値ってこともあるはず。その辺、あくまで1個人の実体験に基づく参考記事程度に捉えてもらえればと。

Contents

ビチアモーレ

今回利用したビチアモーレは、サイクルパーツやウェアを専門に買取や委託販売、販売を行うショップ。

買取に関しては宅配買取もやっていて、今回はそのサービスを利用した。査定のための送料や、梱包資材の提供、やっぱりやめた時の返送料まで無料と、かなり良心的なサービス。(もち、その分の費用は買取価格と販売価格の差額に乗ってくるわけだけど。)

ロードバイクの買取ならビチアモ 東京/神奈川横浜/名古屋/兵庫/福岡に実店舗 | ビチアモーレ

査定に出したウェアと査定額について

今回、査定に出してみたのは4点。

Raphaの冬用ジャケット、Craftの冬用ジャケット、dhbのレインウェア、Goldwinの半袖ジャージ。

Rapha Brevet Longsleeve Windblock Jersey → 3,300円(定価:24,000円)

f:id:haruki_mattari:20181208052651j:image
Rapha Brevet Longsleeve Windblock Jersey

去年の野辺山で買って、めちゃめちゃ気に入ってたジャージ。ただ、一回り小さいサイズを買ってしまい、伸びをするとお腹が出る(決して腹が出てるわけではない!)ので手放すことにした。これが6000円とか超えるなら、他はいくらでもいいやーと思ってたんだけど、意外と高値にならず。

Craft Performance Bike Streach Jacket → 900円(定価:19,440円)

f:id:haruki_mattari:20181208052231j:image
Craft Performance Bike Streach Jacket

こいつも気に入って使ってたんだけど、練習仲間と作ったSunboltの長袖ジャージが使い勝手良すぎて出番が極端に減ったので。
そこそこいい値段する冬用ジャケットなんだけど、大して高値にならず。やっぱり、高値で売れるのはアソスとかRaphaとか、ブランドものなんだろう。

Goldwin 半袖サイクルジャージ → 100円(定価:不明)

f:id:haruki_mattari:20181208052634j:image
キャプション

何度か使ったものの、いつのまにか使わなくなり、タンスに眠ってたジャージ。とりあえず出してみた。予想通り(?)、大した額にならず。

dhb EQ2.5 防水サイクリングジャケット → 800円(定価(Wiggle価格):約6,500円)

f:id:haruki_mattari:20181208052030j:image
dhb – EQ2.5 防水サイクリングジャケット

雨の日ジテツウ用に!と意気込んで買ったものの、3年で数回しか使わなかったので、出してみた。イマイチ良い価格じゃなかったので、自分で使うことにした。

せっかくなので、自分でヤフオクで売ってみた結果。

査定したウェアのうち、2点をヤフオクで売ってみた。その結果は以下の通り。なお、売却額はヤフオクのシステム利用料や出品者負担送料とか抜いた、おおよその額。

ウェア 査定額 売却額
Raphaジャケット 3,300円 10,500円 +7,200円(約3.2倍)
Goldwinジャージ 100円 900円 +800円(8倍)

この差を大きいと考えるか、小さいと考えるかはその人次第だけど、さすがに、Raphaのジャケットの差はでかい!

あとはまだ出してないCraftやdhbのジャケットも、相場的には3倍程度にはなりそうな雰囲気。

まとめ。

と、いうわけで初めて使ってみたビチアモーレ の宅配買取。結局は査定だけして買い取ってもらわなかったけど、ハードオフみたいな普通の買取屋さんに出すぐらいなら、断然ビチアモーレの方が良さげ。ただ、自分でヤフオクに出す手間をかけられるなら、自分で出した方が良い。まぁ、ビチアモーレもヤフオクに出品して販売しているので、当たり前なんだけど。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる