読書メモ:ロードバイク パワー&スキルアップ教本

昨日発売のバイシクルクラブ監修のムック本、ロードバイク パワー&スキルアップ教本を読んだのでメモ。

読んだって言っても、飛ばさず読んだのは2章ぐらいだけだけど。

Contents

ロードバイク パワー&スキルアップ教本。

各ジャンルの色んな講師が出てきて、色々解説する本。たぶん、基本、今までのバイシクルクラブの特集記事を集めた感じかな。

目次はこんな感じ。

  • ハンター・アレンが教えるパワートレーニング
  • クランク荷重でバイクコントロール
  • JBCF推奨ロードレースの安全な走り方
  • クリートセッティングで走りが変わる!
  • カラダから変えるダイナミックフィッティング
  • ロードフォームから考えるタイムトライアル
  • 走る前のアクティベーションでパワーポジションを生かす

この内、ちゃんと読んだのは、クランク荷重とロードレースの走り方の部分。ただ、この2章のためだけな買う価値のある内容。

読書メモ

クランク荷重の章は、なんとなく知ってる内容がまとまってて、参考になる。特に、、、

  • クランク位置で前後荷重をコントールする話。
  • コーナリング時の荷重の基本は両足荷重。外側の足の位置は7時の位置。速度の上昇に合わせて外足荷重にする話。
  • 基本のリーンウィズに加えて、大外のラインを通る時はリーンイン、ドインを通る時はリーンアウトの話。

あと、ロードレースの走り方も、暗黙ルールがまとまってて復習にちょうど良い感じ。

クランク荷重のやつは、もう一度読み返して、今度練習で試してみよ〜っと。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる