2017 野辺山シクロクロス Day2 C2:2前転右STI真っ二つDNF

今年も野辺山CXへ。子供が風邪引いてなんやかんやあり、Day1は出走できずにDay2のみ。小さい子供がいると難しいからね〜。楽しいけど。

Contents

野辺山シクロクロス C2 DNF

去年の2日目はC3で左クランク取れてDNF。今年はC2で右STI真っ二つでDNF。(笑)

STIが真っ二つ。

レース前

Day1のレースに出られなかった腹いせ(?)に、Raphaブースでお買い物(笑)

泥TとRaphaT、薄めのロングスリーブジャージゲット。それぞれ、4000円、3000円、13000円。ロングスリーブジャージはブラックフライデーセールって事で、半額だった。あ、あと泥マグカップも買ったな。あ、スパカズのバーテープも安かったから買ったわ。←

Rapha Windblock Brevet Jursey
戦利品。ブラックフライデーセールで半額~!

レース

今回、ゼッケンは276。82人中76番手スタートorz
ちなみに、出られなかった初日も270とほぼ最後列。エントリーリスト見た時点で、「あ、レース終わった。」だった。w
にしても、エントリーサイトオープンと同時に申し込んだ。&AJOCCランキングTop10ぐらいなのに、なんで両日こんな後ろなんだろう???

ただ、今日に限っては、妻と子供がいる中、スタートラインに並べただけでうれしかった。金曜の夜中時点では単独で行くか、DNSするかの2択だったから。

整列していると、「通りま~す。」と背中をタイヤでぶつけられた。何事かと思ったら、お速いK君とS君が割り込み。真ん中ぐらいまで行ってたな。まぁ、「俺みたいな速い人間がなんでこんなでかい番号のゼッケンなんだよ!」って思ってしまう気持ちはわかるよ。実際速いからね。

そんなこんなでスタート!1コーナーからカオス。80人多いわ~。とはいえ、空いてるスキマがあったらねじ込まないとお話にならないので、ぐいぐい行く。

1周目はとにかく前へ。野辺山の直線は若干登ってて長いので、個人的には大好物。1周目の直線は10人以上抜いたな。サイクリングかぐらいの速度だったのもあり。

が、直後の泥区間が激遅だった。周り含めて乗車できず、担ぐんだけど、どんどん抜かれる。そんだけ走れるならもっと直線踏めばいいのに。泥区間では自分がお散歩レベルの速度でした。w

レーパンの裾部分がずり上がって、絶対領域が・・・!

泥区間が終わった時点で、沿道の教えてくれる人情報では40番手ぐらいとのこと。1周で結構上げれたな。

2周目、前からタレて落ちてきた最前列スタートゼッケンな人が邪魔で、強引に抜きに行ったらブロックされて前転。地味に順位下げたけど、自転車と体は無事。直線区間は相変わらずキノコ使っていくつかのパックをパス。泥区間はまたもや乗れず。ただ、右側ラインが良さげなのを発見したので、次は乗るぞと。

3周目、疲れて直線キノコの威力が落ちてきた。数人だけ抜いて泥区間へ。そして、今度はすべて乗車でクリア!ちょっと達成感。

4周目、3周目と同じく。沿道情報だと、4周目の終わりらへんで30番前後?去年から思ってたけど、泥とか砂とか苦手て、なかなか上げられない・・・。

5周目、直線は下ハンダンシングで気合入れて踏む。何人か抜いて、泥区間までの固い砂区間で一息つきつつハンドル持ち替えようとしたら、飛んだw

どうやら、でっかい石を踏んで宙を舞ったみたい。。。すぐに起き上がって走ろうとするも、左足が痛すぎて走れず。コース脇によけてうずくまる。足は動くので、しばらく耐えれば収まるだろうと。で、係員の方にリタイアを告げて終了。

痛みが治まって帰ろうと自転車を見ると、右STIが真っ二つに

と、残念な結果に終わってしまったけど、家族で来れてよかった。やっぱり、シクロクロスは1人で来てもつまんないし。あと、苦手な泥でもC2で最後列スタートから前3分の1近くまで上がれたのも悪くない。

レース後:メインイベントのキンダーガーデン

自分のレースの後は息子の初レース。(レースって言っても、体験走行会みたいなもんだけど。)たぶん、全区間押すことになるから体痛いなんて言ってられない。w

スタート前

大人のレースの1周目と同じコースをゴールラインまで。結構長い。で、予想通り全部押した。腰ヤられるかと思った。ただ、ゴール前に人がいっぱいいてびっくり。おそらく最年少な息子をみんな応援してくれて嬉しかったり。あと、「パパ腰をいたわって」と優しい声援までいただいた(笑)。うん、楽しかった!

自身の足で進むことを放棄した息子w

そういや今年も、滝沢牧場内の馬小屋に宿泊して拠点にできたので、子連れ参戦がかなり楽でした。来年分の馬小屋を予約して帰宅。また来年!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる