はるそめロードバイク日記

妻子持ちフルタイムワーカーがせっせとおきなわ市民210km入賞&JBCF E1クラス入賞目指して頑張るブログ。ロードレースやシクロクロス、トラックレースも。

New シクロクロスバイク、Ridley X-Night納車!

Newと言いつつ、2015年モデルだけど。ちなみに今、2017年10月末。←

納車したのは茨城CX取手ステージ帰り道に衝動買いしたやつ。嫁からは、「良いフレーム買ったやん!」とお墨付きまで頂けたお得フレーム。
次買い換えるなら、ディスク!と思ってたけど、メンテナンス性やコストパフォーマンス、重量から、カンチブレーキ仕様でも良いかなと。あとは、やっぱり自転車はシンプルな方が良い。ディスクブレーキって、何かとゴチャゴチャするし。(と、自分を言い聞かせる。本当はディスクブレーキが欲しい。)

https://www.instagram.com/p/BanTQ3unalF/
New CX Bike納車!



 

ハンドル周り

ハンドル&ステムは3T製に揃えた。やっぱり、ハンドルとステムのメーカーとモデルを合わせるのは基本ですよね。
ハンドル幅はロードが400mmなのに対して、シクロクロスは420mm。より操作性を重視して。
あと、ハンドルはしゃくり気味で、ロードのセッティングに対して、約1cm程、ハンドルを高く、近くした。この辺は、GCNの「How to set up your Cyclo-Cross bike」を参考にして決めた。
バーテープはスパカズ。よくグリップして良い感じ。テニス用でも良いかも。って最近思ってる。


 

クランク周り

仕事中に客先帰りに途中下車して(かなりの遠回り、というか逆方向)Above Bike Storeで買ったWolftooth36Tでフロントシングル化。
これにしてから、落車以外でのチェーン落ちは無し。落車しても結構耐えてくれる。

オシャレポイントは、KCNCの赤いチェーンリングボルト。アルテクランク特有の段差をなんとかしたいなぁ。


 

サドル周り

サドルはロードと合わせてFizikのAlliante。Ganmaって古いモデル。
シートポストはThomson。フレームと一緒に、初めてThomson製品買ったけど、作りが半端なく素晴らしい。肉抜きが楕円形になっていて、前後に太く、左右に薄い感じ。前後の合成保ちつつ、軽量化を図ってるのかな。足が短くて、ロゴが全て見えないのがもったいない。。。クランプもじきにThomson製に変える予定。


 

ホイール周り

個人的には、必要最小限の金でシクロクロスやるなら一択だと思ってる、アルテホイール(WH-6800)とIRC SERAC CXの組み合わせ。コスト的にも、シクロクロスはチューブレスがベストバイだと思ってます。
F6R+DUGASTタイヤとか良いのかな〜?とか思うけど、すぐ壊れるシクロクロス機材にそこまでは出せんなぁ。


 

リアディレイラー周り

前のフレームから乗り換えて最も変わったのが、実はリア変速の軽さ。Ridley X-Bowは、トップチューブ→シートステーに沿っていたため配線がタイトになり、めっちゃ変速が重かった。X-Nightは内装式でチェーンステーを通ってくるのでスムーズ。


 

ちょこっとその辺で乗ってみて。

X-Bowに比べて、、、

  • シートチューブが長くなっている分担ぎやすい。
  • カーボンバイクらしく、加速が軽くて鋭い。
  • 軽い!担ぎ楽になるわ〜。ちなみに7.8kgに。

デビュー戦は野辺山。レース走ればもっと違いがわかるかなぁ。また追記しよっと。

 

と、いうわけで。

かなり気に入ってます!さっさとロードシーズン終わらせて(←)シクロクロスシーズンに入りたいところ。とは言いつつ、平日は基本、ロードの練習するんやけど。。。あくまでオフトレの位置付けだから。

about me / プライバシーポリシー

Copyright © 2012-2017 はるそめロードバイク日記 All Rights Reserved.