2017年 春の筑波8耐 総合4位:恒例行事!

ゴールデンウィークといえば、筑波8耐。今年も行って来ました。しかも今回は、まさかの最終走者。

ちなみにこれまでの春の筑波8耐のリザルトは、、、

2013年 RMクラス 15位
2014年 RXクラス 2位(優勝はロジャース&道端カレン)
2015年 RMクラス&総合 5位
2016年 RMクラス&総合 3位

2015年からは1軍チームだけど、春は勝ててない。春はレベル高いからなぁ。

Contents

春の筑波8時間耐久 総合4位

春の筑波8耐 1走目

Distance: 27.37km
Duration: 0:37:52
NP: 227w

既にレースは5チームぐらいにしぼられた状態で。淡々と走ってバトンタッチ。

春の筑波8耐 2走目

Distance: 14.58km
Duration: 0:21:07
NP: 217w

残念ながら、先頭争いから脱落した状態でバトンタッチ。単独で走っても仕方ないので、短めに次に回す。ピット回数稼いで少しでも可能性を残そうと。もっと、3巡目まで1周交代ぐらい大胆に行っても良かったかも?

春の筑波8耐 3走目

Distance: 12.60km
Duration: 0:17:53
NP: 213w

ディスクホイール装着したJPTなヤバい方と!ペースなかなか辛い。楽しかった。レースはフリーダムさんと4番手争いな感じで。

筑波8耐と言えば、このケバブ!

春の筑波8耐 4走目

Distance: 26.04km
Duration: 0:38:01
NP: 224w

ラスト!引き続き4位争いのまま、フリーダムさんと同時ピットインからのバトンタッチ。ピット出たら後ろにいない!ので、引き離すべくペースを上げる。外人さんと2人でローテ!途中、単独になっていたエキッポチームの人を吸収し、そのまま優勝争いしてるところに追いつく。牽制入ってるっぽく、あまり関わらない方が良さげなので、そのまま外人さんと前へ。行くものの、抜け出せきれず。

邪魔しないよう、最初は、最初は優勝争いの後ろに。が、エキッポ2名がまっっったく前を引かず、「チャンピオン!一回ぐらい前出ろよ!」と篠崎さんが怒ってる。(12対3な上に、ラストは2対1。それでも熱い走りに感動しました。そもそも、いろんなチームから速い人を寄せ集めて作ったチームってどうなんだ?所属しているチームなり、練習仲間なり、なにかしらのつながりある人間で出場すべきだと思うんだけどなぁ。。。)

当然ペースも上がらず、集団が大きくなってくる。さらに、先頭が蛇行するので、集団もカオスに。。。危ないのと、かわいそうなのとで、できるだけ、程よく、前を引く。すると、篠崎さん、「ありがとう!」と。男前って、こういうところですよね!ファンになりそう。ラストは特等席で優勝争いを眺めてゴール。

ウィニングラン前にさっきの外人さんと、ちょこっと、英語でおしゃべり。これまた楽しかった 。もっと話せるようになりたいねー。

あと、全体的に、パワーが低い気がする。下ブレしてる??ローテは一切飛ばしてないんだけどなぁ。。まぁ、いっか!

また来年、チームみんなで強くなって戻って来ましょう!

コムリンJBCFチームの集合写真も撮っといた。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルマーケティングコンサルとして働く1児の父。
タイヤの付いた乗り物(ロードレース・シクロクロス・レーシングカート)でレースするのが生きがいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる