はるそめロードバイク日記

妻子持ちフルタイムワーカーが嫁と一緒に子育てと自転車レースを頑張るロードバイクのブログ。

Zwiftのために"もっと"高いサーキュレーターを買い足した。【アイリスオーヤマ PCF-SDC18Tレビュー】

COVID-19パンデミックで外に走りに行けなく(行きづらく)なって約1ヶ月半が経過。GW明けに終わるはずだった緊急事態宣言が5月末まで延長され、まだまだインドアトレーニング主体の毎日が続きそうな雰囲気。

まだ5月前半とはいえ、昨日(5月10日)の埼玉県の最高気温は既に30℃。Zwiftのおかげで1回のローラー練時間が増えた事もあって、汗の量は半端ないし練習終盤は暑さでボーッとするようになってきた。

 

去年の9月に下記記事で書いた通り、ちょっとお高いサーキュレーターを買ってサーキュレーター3台体制でローラー練をやっていたんだけど、それでも足りない。


 

というわけで、上記記事を書いてる途中に見つけた30畳用の高いサーキュレーターを買い足したのでそのインプレ(?)記事でございます。まさか、サーキュレーターに1万円も出すなんてなぁ。。。

 

ちなみに、前回の記事で本命って言ってた、アタッチメント型のファンはEliteの3本ローラーからGTローラーに買い換えたことで選択肢から外れた。おそらく合わない。

 

 

 

追加のサーキュレーターをどれにするか。

さて、今回買った、エクスペンシブなサーキュレーターの記事を書く前に、今回比較対象となったサーキュレーターたちについて。

買ったのはアイリスオーヤマの30畳用サーキュレーター(PCF-SDC18T)なんだけど、最終的に下記2つとの比較検討となった。

 

1つ目はWahooのスマートファン、Wahoo KICKR HEADWIND。MAX風速48km/hという爆風を生み出しつつ、空気の流れもサイクリストに最適な感じにしてくれるらしい。あと、心拍数に連動して勝手に風力が強くなったり弱くなったりするとか。

もうこれ1択で良いような気がしたんだけど、お値段が・・・3万円強。今回買ったアイリスオーヤマのサーキュレーター3台買えますよと。Wahoo KICKR HEADWIND vs 1万円のサーキュレーター×3台、どっちがベストバイなんだろう・・・?

とにかくインプレ記事が少なくて、サーキュレーターとの比較やってくれてる記事もなくて、買うに至らず。

 

WAHOO キッカー ヘッドウインド スマートファン

 

2つ目の比較対象はVolnado社のサーキュレーター、660-JP。いろいろレビュー見てると、とにかく風力が強いとのこと。そしてデザインがカッコ良い。ただ、お値段が18,000円ぐらい。18,000円でサーキュレーター買うなら、HEADWINDじゃない?ってなって、候補から外れた。

 

【Amazon.co.jp限定】ボルネード サーキュレーター モダンモデル ウイルス対策 強力換気 ホワイト 6畳 35畳 660-JP

 

というわけで、アイリスオーヤマのサーキュレーターに決定。あ、全然関係ない話だけど、このサーキュレーターポチる前日にアイリスオーヤマの布団クリーナー買った。レイコップの3分の1価格。アイリスオーヤマさんにはいつもお世話になってますw

 

 

 

アイリスオーヤマ PCF-SDC18T

繰り返しになるけど、今回買ったサーキュレーターはアイリスオーヤマ製の30畳用サーキュレーター、PCF-SDC18T。

前回買った、18畳用で十分風力が強かったから、超期待して買った。単純計算で、18畳用よりも1.66倍強いはず。(たぶん違う)

 

Amazonでポチった翌日、ブツが着弾。

 



そして、予想外に箱がデカくてビビる。

 

箱から出してさらにビックリ。なんかでかい。

 



アイリスオーヤマサーキュレーター3兄弟。

 

でもこうやって並べると、可愛く思えてきた。そしてついつい、、、

 



お目々付けちゃった。※嫁氏が

 

 

アイリスオーヤマの安いサーキュレーターと風力を比べてみる。

というわけで早速、風力を比べてみた。

 

どうやって検証するか迷ったんだけど・・・、下記のような実験?環境を用意して、ツール・ド・美ヶ原の参加賞でもらったGEKIZAKAタオルの揺れ具合で検証してみた。ちなみに、サーキュレーターからタオルまでの距離は約130cm。

 



サーキュレーター風力実験環境!にしても、ホームジムの活用方法は無限大だな。(違)

 

そして、今回検証するのは、元々持っていた同じくアイリスオーヤマ製のサーキュレーター2台。

 

8畳用・PCF-HD15N(2,000円)

まずは、1番安いサーキュレーターから。


 

ほとんどタオルが揺れていないことがわかる。1メートル以上離れたらそよ風だ。

 

 

18畳用・PCF-SC15(6,000円)

続いて、昨年の記事を書いた際に買い足した、ちょっと高いサーキュレーター。


 

2000円のやつよりよく揺れてる。

 

 

30畳用・PCF-SDC18(12,000円)←New!

そして最後は今回買った、もっと高いサーキュレーター。


 

こうやって比較すると、今回買ったサーキュレーターが段違いに風力が強いことがわかる。タオルが揺れるどころか、後ろの鏡もガタガタ揺れてる。高いだけあるな!

 

 

 

ってことで、使ってみた。

というわけで、室内ローラー練に投入。

本当は2000円のサーキュレーターは2つ持ってるんだけど、1つはリビングに取られたので、2000円+6000+12000円の3台20000円分のサーキュレーターで。

 



配置はこんな感じ。

 

ちなみに、配置は自分なりのこだわりがあって、真ん中に1番安くて弱いやつ置いてるのは、顔面への直風は強すぎると頭痛くなるかなと。風力が強いサーキュレーターには体の冷却を担ってもらい、弱いサーキュレーターで頭を冷やす。そんな感じ。

 

使用感としては、今までより風の当たる感じが圧倒的に強い。体もしっかり冷却される。さすがに、「全然汗かかねーわ!!」とまではいかないものの、なかなか快適。買って良かった!

about me / プライバシーポリシー

Copyright © 2012-2017 はるそめロードバイク日記 All Rights Reserved.