はるそめロードバイク日記

妻子持ちフルタイムワーカーが嫁と一緒に子育てと自転車レースを頑張るロードバイクのブログ。

6畳の自転車部屋にホームジムを設置したので、費用とか使い勝手とかを書いてみる。

新コロ自粛によって、1年以上通ったエニタイムフィットネスを泣く泣く解約。そして、意を決してホームジム環境整備を決意。

6畳の自転車&仕事(勉強?)部屋の模様替えをし、ホームジムセットを注文し、先日ついに、ホームジムが完成した!

 

その結果、6畳の部屋に3本ローラー環境とメンテナンス環境と自転車4台分のバイクラックとバーベルセットとデスクが収まった。我ながら頑張ったなとw

 



ちなみにこんな間取り。

 

って事で、ホームジム環境整備のために買ったものとかかかった費用とか、ホームジム化してよかったかとか、せっかくなのでブログ記事にしてみることにした。新コロ自粛で日々、筋肉量減少に悩むトレーニーの参考になれば幸い!

 

先に結論を書くと、ホームジム最高!

 

 

 

ホームジム化するために買ったものと費用感

まずは、ホームジム化するために買ったものと値段の一覧を。

実際は、ポイント使ったり、Yahooプレミアム+PayPayモールの合わせ技でポイントバック20%狙ったりでもうちょっと安く買えてるんだけど、とりあえずAmazonnなりYahooショッピングなりの表示価格で計算。

 

バーベルラック:16,480円

バーベルラックは、リーディングエッジ製のハーフラック(ベンチプレスラック?)をチョイス。

ちゃんと見ずに買ったんだけど、バーベル受けを1番上まで上げると、身長169cmな自分にピッタリだった。おそらく、身長が180cmとかあると、スクワット前のバーベルを担ぐ動作でしゃがむ量が増えて、ちょっと腰に悪い気がする。それでも普通に使えるとは思うものの。

 

あと、我が家には3歳児がいるので、安定するか心配だったけど、全く問題なしだった。ぶら下がっても何しても、倒れる雰囲気はない。(もち、遊ばないように言ってはいるものの。)

 



リーディングエッジ LE-BP900 プレスラック。

 

バーベルセット100kg:35,750円

バーベルセットはIROTEC製のスタンダードシャフト180mmでMAX重量95kg分。商品名称には100kg
分!って書いてあったんだけど、どうやらそれは、ダンベルシャフトを入れての重量らしい。

 

オリンピックシャフト(エニタイムに置いてあるものと同じ太さのやつ)にしないと後悔するんじゃないかとか、決める前に色々悩んだものの、これで正解だった。圧倒的に安いし、短くて部屋に置きやすいし。それに自分の筋肉では、100kgもあれば重さは十分。

 

そして、この機材が注文から到着までに1番時間がかかった。というのも、首相の緊急事態宣言でホームジム構築を始める人がたくさんいたようで、軒並み品薄に。この記事を書いてる時点では、軒並み完売。IROTECのバーベルセットは次回の入荷が5月中旬とからしい。

 



IROTEC バーベルセット ラバー付き

 

スクワットパッド:2,970円

IROTECのスクワッドパッドも、バーベルと一緒にポチッと。やっぱりこいつがないと、肩が痛い。軟弱者なもんで・・・。

 



IROTEC スクワットパッド

 

ジムマット10mm×16枚:6,540円

ホームジム化するならこれ必須。直置きすると床に思いっきり傷がつきそうだし。高いだけあって、普通のジョイントマットよりかなり硬いくて良い感じ。

ちなみに、写真ではジムマットの上にミノウラのトレーニングマットを敷いてるけど、いらないかも。柔らかくてスクワットするときに安定しないし。猫が爪研ぐし。

 



Fieldoor エクササイズマット

 

壁に貼る鏡:3,150円

筋トレ中はやっぱり、鏡見てフォーム確認したいよねって事で、鏡も購入。

ただ、普通の姿鏡だと、3歳児が倒して割ってしまう可能性もあるので、壁に貼るタイプに。スペースも有効活用できるし良い感じ。ただ、両面テープで貼るタイプだから、きっと、剥がすと壁紙も剥がれるんだろう。しゃーない。嫁氏ごめん。

 



Amazonで買った、貼れる鏡

 

合計:64,890円

というわけで、全部合わせて64,890円でホームジム環境が出来上がった!

 



夢のホームジム!

 

 

ホームジムの費用対効果を計算してみる

さて、せっかくなので、この出費を正当化するためにも(!?)、費用対効果をざっくり計算してみよう。

 

表示金額ベースで言うと合計64,890円だけど、Yahooプレミアム会員特典やらPayPayモールのキャンペーンやらYahooショッピングの5のつく日キャンペーンやらキャッシュレス還元やら駆使したので、実際の費用は52,000円ほど。

ちなみに、送料は無料だった。

 



届いたバーベルセット。配達員さんありがとう。

 

なお、ホームジム導入によって不要になったのは下記2点。

 

エニタイムフィットネスの月会費:7,700円/月

ジム往復に必要な移動時間:20分/回

フリーウェイトが使われてた時の待ち時間:x分

 

純粋に月会費だけを見てみても、、、

 

52,000円 ÷ 7,700円 ≒ 6.75

 

約7ヶ月で投資回収!かつ、移動時間も短縮されて生産性もアップ。仮に週2回ジムに行くとすると、7ヶ月で約56回。約19時間の移動時間削減!

 

ていうか、計算上、8ヶ月目以降は毎月、7,700円浮いた事になるはず。だって、本当ならジム行って7,700円使ってたんだから。毎月7,700円分余計なもの買っても、誰にも怒られない!そう、嫁氏からも!来年以降、毎月好き放題ポチれるぜ〜!(注:ポチれない。)

 

もうね、良いことしかない。

 

ホームジムの使用感

さて、手に入れたホームジムだけど、一言で感想を表すと、、、

 

「もう、サイコー!!!」

 

です。

ただ、ジムに比べてラックの安定感はイマイチだし、セーフティーバーにがっつり守られてる感もなければ、落とした時の予想されるダメージ(床の)は半端ないしで、正直、ジムと同じぐらい、全力を出し切れるか?と言われると正直厳しい。

ただ、周りの目を気にせず、軽い重量でやってみたり、Youtube観ながら新しい種目にチャレンジしてみたり、快適さは圧倒的にホームジムの勝利。

 

注文前に懸念していた、スタンダードシャフトの使い勝手も、特に悪くない。というかむしろ、シャフト重量が10kgに減ったおかげで嫁氏も筋トレできてメリットに感じる。

100kgオーバーでガンガン上げられるわけでも無いし、スタンダードシャフト大正解だったなと。

 

 

ちなみに、ホームジムはハンモックラックにもなる。

これで、妻も子供もハッピーでまさに"三方よし"。

 

 


 

 

さらに、バーベルの梱包材は子供のトミカコースにもなる。

about me / プライバシーポリシー

Copyright © 2012-2017 はるそめロードバイク日記 All Rights Reserved.