読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるそめロードバイク日記

妻子持ちフルタイムワーカーがせっせとおきなわ市民210km入賞&JBCF E1クラス入賞目指して頑張るブログ。ロードレースやシクロクロス、トラックレースも。

3人逃げからの落車おつorz - ツールドひたちなか 3時間ソロ

BikenaviGP主催のツールドひたちなかへ行って来ました。家から1時間半ほどで行けていい感じ。(高速料金3000円突破するけど。。。)

目標は「良い感じの逃げに乗ること」と、「優勝」。

スタート前、嫁氏に「わかってると思うけど頑張ってね。(逃げて面白いレースしつつ勝てよ。)」とプレッシャーをかけられつつスタート。

ツールドひたちなか 3時間ソロ DNF

Distanse: 98.07km

Duration: 2:33:36

NP: 207w

Cad: 94rpm

先にキングの部がスタートし、3時間集団はしばらくローリングの後にスタート。今回、キングの部にはRoppongi Expressの高岡さんや、JPTなFITTS GROENの選手が出場しているので、彼が飛び出す前にキング集団に追いつければ、かなり有利かも。と。

スタート直後からアタックが頻発。自分も逃げを試みるもなかなか決まらない。途中、修平さんが単独で飛び出していたのですかさずブリッジ。そのまま2人逃げになるも、1周弱で吸収。

集団内は楽々。落車が頻発しているので極力前目に位置するよう心がける。エンデューロはローテ入ってでも前にいないと。(と思ってたのに、、、後ほど落車するw)

2時間経過直前、強そうな2人ほど、100mぐらい飛び出してる。集団はうまく機能してなさげ。ってことでブリッジ!無事追いつき、3に逃げに。結構キツイけど、頑張って回す。先頭引いている間は280w前後ぐらいかな?メンバーはかなり良くて、リンクのE1選手もいる。

早い段階で45秒差ぐらいまで開く。こりゃ表彰台決まったかな?と思ったものの、残り25分ぐらいで追いつかれ吸収。後から聞くと、一時後ろの集団より5時間の集団の方が近い位置まで行っていたとのこと。(嫁情報)惜しかったなぁ。。。

その後はスプリントに切り替えて、まずは回復!と集団中盤へ。これが間違い。コーナーで前走者がリアタイヤロックさせ、前を塞がれて落車orz。

すぐに立ち上がってシクロクロス飛び乗り!が、チェーン詰まって再スタートできず。直したけど、先頭には追いつけないし、リアホイール振ってるし、ってことで、そのままDNF。

 

スプリントは下り基調で、それなりに自信あったんだけれど、残念。エンデューロはどんなに辛くても前目展開。ってわかっていたはずなのに、吸収されて中盤で休んでしまった。。。反省。でも、逃げは楽しかった。嫁氏評点はギリ合格かな??

 f:id:haruki_mattari:20170521175511j:image

 

今日のランチ

レース後、今日のランチはひたちなか市のサザコーヒーへ。駐車場も広くて行きやすい。頼んだのはフラスパンで作ったホットドッグとクラムチャウダーのセット、コーヒー、本日のケーキで2000円ぐらい。

ちょっと値が張るけど、美味しかった!レースダメでもランチだけは当てていきますw

https://www.instagram.com/p/BUVxS0DhpgO/

今日のランチはこちら!

https://www.instagram.com/p/BUVzUuTB2zY/

そしてデザート。

 

次のレースは犬吠埼エンデューロ2時間ソロです。今度こそ逃げて、勝ちますよ!

チューブレス良いわ~。IRC TIRE FORMULA PRO RBCC チューブレスタイヤ インプレ的な

人生初のチューブレスタイヤ、「IRC FORMULA PRO RBCC」を3ヶ月近く、主に自転車通勤&トレーニングで使用したのでサクッとインプレにまとめてみる。

ちなみに、ホイールはシマノのアルテグラグレードホイールなShimano WH-6800。

ちなみに、普段使ってる組み合わせはこんな感じ。

  • Fulcrum Racing Zero + Vittoria Corsa G+ 23c
  • Fulcrum Racing 5 + Vittoria Rubino G+ 25c
  • FFWD F6R + Vittoria Corsa G+ 25c

あとは、Michelin Pro4やPower Competition、リチオン2とか。このあたりが比較対象かな。

乗り心地は最高!

WH-6800ホイールが柔らかいおかげもあるのか、乗り心地は最高です。チューブレスは乗り心地良いって言うけど、たしかに。今までで一番乗り心地良かったかな。ちなみに、空気圧は6.5barぐらい。(体重60kg)

グリップは普通。

個人的には、ミシュランPro4ぐらい。リチオンとかRubinoよりは良いけど、Corsa G+程じゃないって感じ。Corsa G+が良すぎるのかもしれないけれど。ちなみに、雨でも問題なし。

耐久性は悪くない。と、思う。

3ヶ月で2000kmぐらいは乗ったかな?自転車通勤がメインなので、雨の日も、路面が濡れてる日も。現時点でパンクは無し。リアが少し平らになりつつあるけれど、摩耗はそこまで早くない。ただ、サイドがひび割れ始めてる。。。影響あるのかないのかわからんけど、ちょっと早いかなぁ。。。って感じ。接地面が摩耗してない分、残念ですね。

価格と入手性

国内価格でも実売6000円台。海外通販で買う必要もなく、Amazonプライムですぐ届くのでかなり良いのでは。

 

 

チューブレスでパンクしたとき、どうしよう?

チューブレスにまだ手を出していない人は、たぶん、この辺不安ですよね。個人的には、シーラント入れとけばよほどの事が無い限り、パンクしないのではと。(この辺は、シクロクロスでも体感済み。)

仮にパンクしても、チューブ入れれば良いだけだし、チューブ入れればビート上がるかの心配しなくて良いし、チューブレスは練習用として最高なんじゃないかな。

Shimano WH-6800なら3万円前後で買えるし、いかがでしょ?

 

 

群馬サイクルスポーツセンターへ行ったら行くべき、秘密のランチレパートリー3選

妻子持ちサイクリストたるもの、レース遠征時のランチには手を抜けません。(もちろん、面白いレース展開も、、、。)

つまらんレース&サービスエリアでごはん。ばっかりやってちゃ、妻のレース活動への理解が得られなくて当然。

ランチ選びだけはJPTクラス(!?)な私の、群馬CSC周辺ランチレパートリーをご紹介しましょう!w

1.ラ・ビエールの焼き立てピッツァ

群馬CSCから車で30分ほど。水上ICから10分ほど。午後のレースが終わってから行くと、生地がなくなって終了してしまっているかもしれないので、レースは午前終わりのものにしましょう。ちなみに、みなかみ温泉駐車場から歩いてすぐなので、車はそっちに停められます。

https://www.instagram.com/p/14eYBZKYnl/

マルゲリータ!

https://tabelog.com/gunma/A1003/A100302/10001239/

 

2.カフェレストラン亜詩麻の焼きカレー

こちらも水上IC方面。焼きカレーがおいしいお店です。今のところ、満席で入れないこともなく、安定感抜群です。(ランチタイム外してますが。14時前とかに良く行く)

https://www.instagram.com/p/2dAHgHKYk3/

焼きカレー食って帰ります!

https://tabelog.com/gunma/A1003/A100302/10000899/

 

3.レストランあすかの北欧ランチ

こちらは月夜野IC方面。群馬CSCから30分ほど。ちょっと値が張りますが(1人1500円~2000円?)北欧風な店内とランチは◎です。

https://www.instagram.com/p/BTLLzXJhdcF/

今日は新しいランチスポットへ。北欧レストラン。うまい!

https://tabelog.com/gunma/A1003/A100302/10000748/

 

おまけ。

月夜野ICから群馬CSCへ行く途中、名胡桃城跡という、真田昌幸の城の跡地があります。たまたま桜満開の時期に行ったら、超最高でした。

https://www.instagram.com/p/BTLPToAhOwE/

群馬は桜が満開気味!たまたま見つけた城の跡へ。

 

あと、同じく月夜野ICから群馬CSCへ向かう途中、ファミリーマートが1件あるかと思います。そこの味噌パンがうまいです。

 

 

以上、群馬CSCのランチレパートリーとおまけでした。

サクッとお千切れ。鴨川クリテリウム E1

今年&E1昇格後5戦目。JBCF鴨川クリテリウムへ行ってきました。昨年のE2ではJBCF初入賞した縁起の良いコース。

前日はホビーレースの鴨川ブルークリテリウム 上級者クラスにエントリーしていたものの、エントリーリストが4人だったので、やめて家族で鴨川シーワールドへ。にしても、エントリーが4人の時点で不成立にすべきでは・・・。どうなんでしょう?

ちなみにJBCF鴨川タイムトライアルも、6500円払う価値がレースにも自分にも見いだせなかったのでそもそもエントリーせずでした。

JBCF 鴨川クリテリウム E1-1組 DNF/42

Duration: 0:30:04

Distance: 19.74km

NP: 254w

Cad: 104rpm

今回はチームメートが2人、E3に出場していて、うれしくて(笑)のんびりしていたらいつのまにかスタート20分前。あわててサイン&整列しに行く。

ほぼ最後尾付近からのスタートに。この時点では、サクっと上がれば良いやと楽観視していたけど、いざ始まってみると、まったく上がれない!!ペースが緩まないのと、全体的に緩やかに曲がっている&道幅狭いので、前に上がる場所が無い。

当然、クリテリウムの後方は縦伸びして立ち上がりの度に足を使う。5周でもう死にそう。やばい。必死に食らいつくも、ほぼ半分の15周で力尽きて千切れDNF。

ラップ単位のNPは、1周目と2周目が300w超え。その後は250~280wの間を行ったり来たり。ただ、千切れるまでのNPが255wぐらいなので、限界ではなかった?調子も良くなかったのかもしれない。(ベストは268wぐらい。)

とはいえ正直、レース前はこんな事になるなんて夢にも思ってなかった。最低着P、あわよくば入賞とか考えてた。へこむ・・・orz

そもそも、今自分が化け物ばかりのE1カテゴリで走ってるってことを忘れてた。毎戦、最前列に並べるようにスケジュールして、スペア&アップ用バイク持って行くぐらい、次からは真剣にやろう。。。

あと、今回ホイールはF6Rをチョイスしたけど、鴨川クリテのような狭くて上げ下げの激しいコースはRacing Zeroの方が良さげ。コーナーの立ち上がりで楽に前走者に付けるのがRacing Zeroで、長めに踏まないといけないのがF6Rって感じ。

 

f:id:haruki_mattari:20170515155322j:plain

チームメートの大内さんとしげさんはそれぞれE3で9位の着Pゲット。レース内容もわくわくでした。そして、自分の醜態を悔やむ。。。w

 

帰りはアクアライン渋滞にハマり、海ほたるであさり丼食って帰宅。

次回のレースはツールドひたちなか 3時間ソロ。久しぶりのホビーレースエンデューロなので楽しみ。(JBCFは勝負に絡めないから・・・←)

恒例行事、春の筑波8時間耐久

ゴールデンウィークといえば、筑波8耐。今年も行って来ました。しかも今回は、まさかの最終走者。

春の筑波8時間耐久 総合4位

1走目

Distance: 27.37km

Duration: 0:37:52

NP: 227w

既にレースは5チームぐらいにしぼられた状態で。淡々と走ってバトンタッチ。

 

2走目

Distance: 14.58km

Duration: 0:21:07

NP: 217w

残念ながら、先頭争いから脱落した状態でバトンタッチ。単独で走っても仕方ないので、短めに次に回す。ピット回数稼いで少しでも可能性を残そうと。もっと、3巡目まで1周交代ぐらい大胆に行っても良かったかも?

 

3走目

Distance: 12.60km

Duration: 0:17:53

NP: 213w

ディスクホイール装着したJPTなヤバい方と!ペースなかなか辛い。楽しかった。レースはフリーダムさんと4番手争いな感じで。

 

4走目

Distance: 26.04km

Duration: 038:01

NP: 224w

ラスト!引き続き4位争いのまま、フリーダムさんと同時ピットインからのバトンタッチ。ピット出たら後ろにいない!ので、引き離すべくペースを上げる。外人さんと2人でローテ!途中、単独になっていたエキッポチームの人を吸収し、そのまま優勝争いしてるところに追いつく。牽制入ってるっぽく、あまり関わらない方が良さげなので、そのまま外人さんと前へ。行くものの、抜け出せきれず。

邪魔しないよう、最初は、最初は優勝争いの後ろに。が、エキッポ2名がまっっったく前を引かず、「チャンピオン!一回ぐらい前出ろよ!」と篠崎さんが怒ってる。(12対3な上に、ラストは2対1。それでも熱い走りに感動しました。そもそも、いろんなチームから速い人を寄せ集めて作ったチームってどうなんだ?所属しているチームなり、練習仲間なり、なにかしらのつながりある人間で出場すべきだと思うんだけどなぁ。。。)

当然ペースも上がらず、集団が大きくなってくる。さらに、先頭が蛇行するので、集団もカオスに。。。危ないのと、かわいそうなのとで、できるだけ、程よく、前を引く。すると、篠崎さん、「ありがとう!」と。男前って、こういうところですよね!ファンになりそう。ラストは特等席で優勝争いを眺めてゴール。

ウィニングラン前にさっきの外人さんと、ちょこっと、英語でおしゃべり。これまた楽しかった 。もっと話せるようになりたいねー。

 

あと、全体的に、パワーが低い気がする。下ブレしてる??ローテは一切飛ばしてないんだけどなぁ。。まぁ、いっか!

 

また来年、チームみんなで強くなって戻って来ましょう!

 

今更ながら、Stages Powerのインプレ的な

2015年の1月から導入したStages Power。せっかくなのでインプレを。

耐久性は意外と良い。

2015年1月からかれこれ2年と少し、ほぼ全てのライド、レースに使ってきましたが、未だ絶好調。大雨レースや、雨の日ライドにもガンガン使ってたし、水洗い洗車もしょっちゅう、気にせずやってました(笑)

大雨乗鞍の翌日は、正常動作しなくなり、あー、やっちまったかー。と思ってたら、翌日には直ってたり。

軽い防水対策だけしとけば、問題無しです。ちなみに自分のStages Powerはこんな感じで、防水テープで覆ってます。

f:id:haruki_mattari:20170504103324j:image

 

数値表示の安定感は、良くなってきた。

現在はなんのストレスもなく使えています。が、使い始めは多い時で数十秒に1回、0wになる問題に悩まされ、ストレスでハゲるかと思いました(笑)

本国に直接問い合わせても、ちょっとぐらいいいじゃん!と言われるし。。。

で、いろいろ調べていると、Stagesは電波が弱いんじゃないかと。って事で、アルミテープを本体部分に貼ってみた。

すると、iPhoneのStagesアプリで表示される電波本数が安定するようになり、実走時も0w表示がだいぶ出なくなるように。

その後、Firmwareアップデート等で今では再現しません。

 

Powertap等、他のメーターとの出力差異

同時に使った事ないけど、ほぼほぼ合ってるのではないかと。というかこの議論、もう時代遅れよね。

 

コスパと入手しやすさはPioneerより良い気がする。

Stages Powerとよく比較されるのはおそらく、Pioneerペダリングモニターの左側計測モデル。

Stagesは左クランクアームごと購入するのに対して、Pioneerは自分のクランク送らないといけない。

最近、AmazonでもStages買えることを考えると、入手しやすさはStagesが上。あと、価格も、アルテクランク以下ならStagesの方が安いかな。実売レベルだと。

 

 

 

マトリックス無双。春のしもふさクリテ エリートクラス

セオフェス初級者クラスで優勝して以来の下総。ちなみに下総クリテは、2012年春のしもふさクリテ ビギナーIで5位初入賞。秋のスポーツIIで3位な思い出深いコース。

春のしもふさクリテ エリート 5位/40(オープン入れると10位。。。)

Duration: 0:29:39

Distance: 21.05km

NP: 263w

Cad: 97rpm

オープン参加な人たちのメンバーがやばい。(レース中は、マトリックスだけだと思ってたけど。)

ツールドとちぎのどっかのステージで最終コーナートップで入って来た選手とかとか。きっと逃げるだろうから、可能なら乗っかる!

スタート。1周目の終わりに例の人がアタック。乗っかる。地味に4人逃げになるも、すぐに吸収。そっから半分ぐらいまでは落ち着かない感じ。

マトリックス含む2人逃げができるも、乗れず。てゆうか、ペース辛いわ!1人、また1人と、マトリックスな選手が(!?)飛び出して行く。

ラスト。エリート走って実感。しもふさのスプリント、意外とコーナー踏めなくて辛いわ。着れなかったなーと思いつつ、谷脇さんだけ刺して(w)ゴール。

放送で5位と言われる。あ、みんなオープンか。ラッキー←

つまらんレースしやがって!逃げろよ!と嫁に罵られながら帰路につく。

 

about me / プライバシーポリシー

Copyright © 2012-2017 はるそめロードバイク日記 All Rights Reserved.