はるそめロードバイク日記

妻子持ちフルタイムワーカーがせっせとおきなわ市民210km入賞&JBCF E1クラス入賞目指して頑張るブログ。ロードレースやシクロクロス、トラックレースも。

Vittoria Rubino Pro G+を10か月、約8000km使ったので再インプレ

前回のインプレ記事はこちら↓↓

www.harusome-roadbike.com

 

今日は有給休暇でお休み。一人で100kmファストライドしようと思ってたけど、あいにくの雨。ってことでグラフェンが配合された新しいルビノプロを今年の1月から10か月間、約8000km使ったのでインプレを追記しようかと思う。

 

 

 

約8000kmでパンクは1回のみ

ルビノプロの特筆すべきはこの耐久性。

グラフェン素材がすごいのか、タイヤが全然減らない。フロントタイヤなんて、もう8000km使えるんじゃないかぐらい。

パンクは、5000kmぐらい乗った時点でリアタイヤに針金が刺さった1回のみ。それ以降はまだ1度もパンクしていない。サイドのひび割れもまったくないし、すごい。

 

f:id:haruki_mattari:20170928100547j:image

↑8000kmでノーパンクなフロントタイヤ

 

f:id:haruki_mattari:20170928100553j:image

↑8000kmでパンク1回のみのリアタイヤ

 

転がり抵抗の第3者データから評価する

最近知ったんだけれど、海外に「Bicycle Rolling Resistance」というマニアックなサイトがある。

こんな装置を自作(?)してテストをしているとのこと。すごい。

f:id:haruki_mattari:20170928090846p:plain

by Bicycle Tire Rolling Resistance - Roller Testing Explained

 上記サイトから、Vittoria Rubino Pro G+と比較対象になるであろうタイヤを比較してみた。(各社のトレーニング&対パンクモデル)

 

 

時速29km&荷重42.5kg&100psiでの転がり抵抗(少ないほど良い)

Vittoria Rubino Pro G+:16.0watt

Pirelli Velo 4S:15.9watt

Michelin Power Endurance:15.6watt

 

誤差レベルの差かな?転がり抵抗に各社それほどの差が無いように見える。。参考までに、Vittoria Corsa G+クリンチャーの転がり抵抗は、12.9watt。

ハイエンドタイヤとミドルグレードタイヤでは、それなりに差があるみたい。ちなみに、最も転がり抵抗が少ないのはVittoria Corsa Speed G+で、8.3watt!?

 

 

やっぱりルビノは最高のトレーニングタイヤ

トレーニング用のタイヤに転がり抵抗の低さを求める必要はないし、パンクすればその分練習効率が下がる。

そこそこグリップして、1年は使えそうなレベルの耐久性なルビノプロはやっぱりトレーニング用タイヤとして最高なんじゃないだろうか。

 

 

ただ、あまりに長持ち過ぎて飽きる。。。

ので、次は1度、コムリンの店長におすすめされた、Pirelli P Zero Velo S4を試してみようかなと。

 

 

about me / プライバシーポリシー

Copyright © 2012-2017 はるそめロードバイク日記 All Rights Reserved.