はるそめロードバイク日記

妻子持ちフルタイムワーカーがせっせとおきなわ市民210km入賞&JBCF E1クラス入賞目指して頑張るブログ。ロードレースやシクロクロス、トラックレースも。

ホイールの使い分け。アルミクリンチャーかカーボンディープか。FFWD F6R vs Fulcrum Racing Zero


現在、レースで使えるレベルのホイールとしては2つ。カーボンディープなFFWDのF6Rと、アルミクリンチャーなFulcrum Racing Zero(ナローリムの方)を所持。それぞれVittoria Corsa G+を履いて、使い分けを模索中です。

スペック的にはF6R一択な気もするけれど、そうじゃない気もする。ので、自分の考えをまとめる意味も込めてブログに。

まずはカタログスペックの比較

ホイール重量とリムハイト

FFWD F6R:1,350g 60mm

Fulcrum Racing Zero:1,438g F:24mm, R:30mm

カタログスペック的にはF6Rの方が軽い。ただ、ホイールバランス(F6Rは精度が悪い!)で前後+20gは足しているので、その差は70gぐらい。

ただ、タイヤ+チューブで考えると、Corsa G+のチューブラーは23cで265g、クリンチャーで240g。クリンチャーはチューブの79gを追加するので、前後でチューブラーより108g重い。

よって、F6Rの方がRacing Zeroより約180g重い事になるな。あ、リムテープとバルブエクステンダーも考えると、150gぐらいかな。

”同じホイール重量でも、リム重量が軽いほど、走りも軽い。”ことから、軽いのはF6Rなのでしょう。カタログスペック的に。

 

お値段(定価)

FFWD F6R:約18万円(今、代理店サイトには掲載されてないっぽい。)

Fulcrum Racing Zero:約12万円

意外と変わらないね。

 

約1年間悩み続けた結果

使い分けは下記のような感じになってる。

  • 幕張クリテや鴨川クリテのような、細かいコーナーが連続するクリテリウム→Racing Zero。立ち上がりの反応は圧倒的にRacing Zeroの方が良い。
  • 宇都宮クリテや那須塩原クリテのような、ドストレートなクリテリウム→F6R。速度が乗った状態からのスプリントは断然F6R。
  • 広島や石川のような、下りがテクニカルなロードレース→Racing Zero。どんなにのぼりで頑張っても、下りで順位を下げたら意味が無い。ので、使い勝手の良い、ローハイトアルミホイールが良いかな。あと、F6Rの60mmハイトはコーナーでハンドルが取られて怖い。
  • 群馬や修善寺のような、下りがテクニカルじゃないロードレース→F6R。軽くてエアロなF6Rの方が良いでしょう。

 

要素別に比べてみると

今のところ、印象はこんな感じ。

  • アタック反応→Racing Zero
  • 巡航→F6R
  • ヒルクライム→変わらない
  • ダウンヒル(まっすぐ)→F6R
  • ダウンヒル(テクニカル)→Racing Zero
  • ブレーキング→Racing Zero
  • コーナリング→Racing Zero
  • 操作感→Racing Zero
  • 立ち上がり→Racing Zero
  • ウェット→Racing Zero
  • 低速からのスプリント→Racing Zero
  • 速度乗り切った状態からのスプリント→F6R

 

まとめ。35~40mmのミドルハイトカーボンが最強な気がする

ということで、ミドルハイトなカーボンホイールを買えば使い分ける必要もなく解決かもしれない。ツール観てても、殆どミドルハイトだもんねぇ。。。

Sacraの38mmか、BORA ONEあたりが欲しい。

 

about me / プライバシーポリシー

Copyright © 2012-2017 はるそめロードバイク日記 All Rights Reserved.